びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

午後は県政報告会を上田市で

f:id:biz-m:20180708211240j:image

f:id:biz-m:20180708211339j:image

午後は上田市の丸子セレスホールで党県議団の県政報告会を行いました。沢山の皆さんにご参加いただきありがとうございました。

f:id:biz-m:20180708211404j:image

県知事予定候補の金井忠一さんもしっかりと語っていただきました。私はメガソーラー問題と脱原発代替エネルギー等の環境問題について(時間を守って)お話ししました(=^x^=)

f:id:biz-m:20180708211422j:image

話は関係ありませんが、セレスホールのセレスって小惑星のケレスだと思いますが、どうして付けられたのでしょうか?

長野県立大学の開学式へ

f:id:biz-m:20180708191726j:image

朝一で長野県立大学の開学式のため長野市へ。短期大学から4年制にするまでには県の決定もそうでしたが、大学関係者の調整などが難航し、長い道のりがありました。

 

グローバルマネジメント学部(170人)が、グローバルビジネスコース、企(起)業家コース、公共経営コースち分かれ、もう一つ健康発達学部が食健康学科(30人管理栄養士国試受験資格)、こども学科(40人保育士・幼稚園教諭1種免許取得)の定員240人。

ソニー生命保険代表取締役会長の安藤国威氏が理事長になった。配布された大学のパンフにはグローバルやイノベーション等の近年多用される横文字が並ぶ。式典での挨拶を聞いたがビジネス専門学校とどう違うのか?大学が企業向け人材輩出の道具になっていないか?自主性、独立性などは微塵も感じない。

今時の大学はこんな調子なのだろう。良く郵送されてくる信州大や子どもの通う国立大学のパンフも同様で、30年前に卒業した私からは、その「ハイカラ」さや、カタカナ英語の多用などついていけない。どうしてこんなになってしまったのだろう。

産学官連携、、、結局のところ国の大学予算の削減で、教授は研究費用を集めるのが業務で、研究に専念できないと、ある知り合いからも聞いている。予算の削減と独立行政法人化が大学を学びの場からビジネスの場へと変えてしまったとも感じている。基礎の学問の分野などは直接的に何に役立つのかもわかりづらい分野、しかも自然科学などは研究成果が出るまで時間もかかる。金にならない分野には投資家は興味も示さない。短期間で研究成果の出る分野が、もてはやされる事に。

そうした意味から気になっていたカリキュラム。特に教養科目だが、基礎的な自然科学系のものは全くない。栄養士養成だから多少は期待したが、総合教育科目には自然・情報系科目で数学的発想、生命科学、健康と運動科学などは見ることができるが、教員紹介の教授陣には生化学や解剖、病理などの臨床の専門科目の先生方はいるが、基礎科学の教員は見ることが出来ない。

基礎科目しかも自然科学など不要とは30年前も、大学時代の学生間では囁く声も聞こえた。一方の大学の教養科目の先生からは大学に入って、中学生の数学から教えなければならないという「嘆き」も聞こえています。中高生の教育がそのようですから、大学はもう仕方ないのでしょうか。

プレゼンでは少人数教育を強調されていたが、今こそ長野県が小中学校に進めてきた少人数教育(30人規模)を、高校教育に広めるべきではないか。頑なにモデル高校での実施と答弁しているが、教育長はじめ県教委の職員も参加していたが、高校の少人数学級を進めず、矛盾しているとは感じないのか?

大学のパンフ説明では「世界を動かす」とか「グローバル」とか「世界的視野を持つ」等記述する一方で、「信州学」とか「象山学」などをカリキュラムに入れ込んでいるが、哲学とも地勢学ともまた精神論とも言えない曖昧模糊としたマイナーなジャンルを入れているあたりも理解に苦しむのは私だけではないと思います。

 

また、余談ですが、今日の式典は開校して3ヶ月、何故4月や遅くも5月開催ではなく、知事選直前なのだろう?

このような不自然さを感じましたが、子ども医療費窓口無料化も4月ではなく8月実施。

執行権者の特権と言えばそうだが、政治利用としたら最低です。出席した県議もまばらな感じがしたのは私だけではないと思います。

議会最終日、オウム事件の首謀者の刑執行に思う

f:id:biz-m:20180707152049j:image

大雨災害に遭われているみなさんにお見舞い申し上げます。

昨日は議会最終日でもあり、私たちは知事、副知事らと私たち議員の特別職の報酬引き上げ(1.15%)の議案について、また、高等学校へのタブレット等のIT機器の購入(3億円余)する議案には反対しました。

報酬については県民の暮らし向きが良くならない、貧困家庭の増加や、或いは従来から言っている、学校のトイレやクーラー、また、特別支援学校は過密でプレハブ対応などこんな状況下で優先するものが違うのではないかと反対しました。(報酬引き上げに賛成した議員の中には選挙では議員報酬を下げるとかの公約している人もいたんでしょうがー)

 

さて、朝から大雨のニュースに突然なだれ込んできたのが、松本死刑囚など一連のオウム事件首謀者の刑の執行が立て続けに行われた事。

ちょうど24年前の松本サリン事件の発生の翌朝、準夜勤で病院に行った妻が通常は午前1時位に帰宅するのが、そのうち電話がかかってきて「病院が大変な事になってるよ」と。蒸暑い夜だった。

朝になっても帰れない。2人の子どもを保育園に出し、病院に行くと外来は野戦病院とはこの事?と思える光景となっていた。前夜の検査技師の拘束者は事件発生後から一晩中、検査にあたっていて、立て続けの患者さんで、名前シールも貼られていないような状態に。そのうち医師から全ての検体(血液特に血清)を凍結保存するように指示された。

容疑がかけられた河野さん、奥さんや子どもさんが入院されていたことから、毎日、マスコミが病院内外を囲み、そのうち私たち職員まで警察の取り調べを受ける事に。

ただ、私は検査技師として、他の病院の検査データの違いがある事(まだ精度管理や施設間差の是正が始まる前でしたから)で、特にサリンなどの神経毒で異常に低くなるコリンエステラーゼが病院によって全くデータが違う原因を聞かれた。当時私は中信地区の技師会の生化学検査の部会などやっていたので、信大や相沢や丸の内などの病院検査部の技師の皆さんとも交流していたり、勤めた検査室でも自動分析装置の更新業務を担当していたので、色々と現状について話をした事を24年経った今でもつい先日の事のように記憶している。

サリンという毒ガス兵器に使われる物質であるらしい事は、意外と早い段階で漏れ聞こえてきた。しかし、多分マラチオン(マラトン)とかのコリンセステラーゼ阻害の農薬と同じ症状なのか?詳細はわからないが、猛毒であるということで、診療に当たった職員の健康にも影響が出ていた事などから、当時組合役員をしていたことからも、健康診断が長期にわたり行うよう求めたりもした。

サリン事件の前にも組合として、坂本弁護士一家の殺害事件で、県内にご遺体が埋められているということから、捜索の支援に関わったり、木曽町にはオウムの施設が作られていて、当時の田中町長さんに対策の話しを聞きに行っていたりと、勤め始めた頃の話だから30年も過ぎてしまった。

昨日は13人の死刑囚のうちの7人の刑の執行が報じられ、いかにも突然のようだがネットではマスコミの準備があまりにも周到であり、ある意味「公開処刑のようだ」と書いている人もいる。刑の執行まで長過ぎたという人もいるが、何も語らず遺さなかった首謀者はいっそう信者からは「神格化」されるとの声もある。現在も1600人以上の信者や、新たに入信する人もいるという。ただの刑の執行では関係者の間ではある意味「殉教者」扱いにされていくのではないだろうか。問題点は多岐にわたってあるようだが、それらの解明無しに教訓はくみとれない。

 

 

 

障害基礎年金の打切り取り消し

昨日まで健康福祉委員会。

私は①旧優生保護法下の強制不妊手術問題

障がい者障害福祉サービス事業所賃金アップの取り組みについて

③障害基礎年金の打切り問題について

質問しました。

③について日本共産党高橋千鶴衆議院議員、武田良介参議院議員事務所から厚労省資料を提供していただき、質疑する事が出来ました。昨日の時点では障害の状態が変わらないのに支給停止通告された1010人(長野県関係は13人)の方針撤回の情報は県も公式発表は聞いていないとの答弁でしたが、本日の新聞赤旗には厚労省が撤回方針を正式に発表した事が出ています。昨年打ち切られた2933人の中でも障害状態が変わらない420人の方も、打切り決定を取り消し、年金復活になるそうです。(=^x^=)

障がい者対応の美術館をー県民文化委員会

f:id:biz-m:20180704145438j:image

今日から県議会の県民文化委員会。私は県立美術館では視覚障害者の皆さんにも絵画に親しんでいただきたいと、絵画の立体コピーや骨伝導ヘッドフォンの導入について、更に自転車の利用促進では観光、健康、環境の向上について、サイクリングロードの整備では、かつて頓挫してしまった安曇ー塩尻間のあづみ野やまびこ自転車道塩尻市奈良井川地籍のその後などを含め県下の自転車道の維持整備について質しました。

f:id:biz-m:20180704145529j:image
f:id:biz-m:20180704145536j:image

夕飯を食べて、議員会館(下宿)に戻って14日の県政報告会のハガキ印刷。まさかここでやるとは思いませんでした。14日午後2時から中信会館で行います。お出かけ下さいませ(=^x^=)

長野市で県政報告会

f:id:biz-m:20180704150851j:image
f:id:biz-m:20180704150858j:image

長野市内で県議団主催の県政報告会を開催しました。

私からは近年のメガソーラーの設置による、自然環境や周辺住民の住環境へ影響を及ぼしていることから、県議会で取り上げてきたことや、再生可能エネルギーの普及についてお話ししました。

6月中に梅雨明けなんて異常気象?

暑い一日でした。

一般質問に立ちました

f:id:biz-m:20180704123809j:image
f:id:biz-m:20180704123739j:image

29日長野県議会一般質問に立ちました。

1、主要農作物種子法の廃止に伴う対応

   遺伝子組換え種子への対策を盛り込むべき

2、土地改良区について

   土地持ち非農家が増える中での賦課金について

3、無料低額診療事業について

   県立木曽・阿南病院での実施、調剤薬局での実施をすべきー

4、障害基礎年金の認定全国一元化について

   支給打切られた障がい者の実態調査をー

など質問しました。芳しい答弁はないですねー