読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

街頭から不戦の訴えー71年目の終戦記念日

f:id:biz-m:20160816064312j:image

15日は昨日までの猛暑とはうって変わって過ごしやすい天気です。太陽の写真は撮れません(>_<)。
机長野4区国政対策委員長、党塩尻市議団とともに71年目の終戦記念日の宣伝活動を行いました。
先日見てきた宮古島自衛隊のレーダー基地や800人ものミサイル部隊などの事も織り交ぜ、不戦と憲法を守ることをうったえました。

宮古島から伊良部島そして下地島へとまわって平和を願う

f:id:biz-m:20160816200452j:imagef:id:biz-m:20160816200100j:image一泊の沖縄ですが、9日は宮古島泊でしたが、4時台に目が覚めてしまい北緯24度、東経125度の星空と日の出を拝もうと早起きしてみました。

f:id:biz-m:20160816192845j:imageもう30分早ければもっとすばらしい星空だったでしょうが、東にぎょしゃ座、ふたご座、北にカシオペア、南にはオリオンやおお犬座が高くなっています。ホテルの屋上をフロントで教えてもらって、持参した3台のカメラ(コンデジですが天文モードのカメラ)と小型三脚で南国の早朝の空を一人満喫しました。

 

f:id:biz-m:20160816192919j:imagef:id:biz-m:20160816193017j:imageホテルを出発して今日は宮古島から3540mの伊良部大橋(今年1月開通)を渡り、西隣の伊良部島をめぐってまたそのお隣の下地島に渡りました。

f:id:biz-m:20160816193231j:imagef:id:biz-m:20160816193147j:imagef:id:biz-m:20160816193116j:imagef:id:biz-m:20160816193314j:image下地島には大きな飛行場があります。ジェット化時代の到来でジェット機の需要が高まる昭和40年、それまで国内のパイロットの養成は米国に依存していたのですが、そうした中、目を付けられたのが下地島飛行場で、3000mの滑走路を有する島ひとつがパイロットの練習用飛行場という国内唯一のすごい島です。一時はYS-11が就航して空港機能を有していましたが、現在は運休しています。

 

f:id:biz-m:20160816193341j:imageしかし、同空港は沖縄の米軍がアジアに展開するために、沖縄県の使用拒否を無視して給油名目でしようされているといいます。また、自衛隊が有事の際にこの空港を使用する明記しており、中国の軍事的動向に対抗するために部隊の展開も考えられていました。しかし、時の政府は空港の非軍事を約束していたといいます。

ところが、おおさか維新の会は先月の参議院選挙のマニュフェストでは、この空港を「普天間基地の負担軽減・危険除去のため」と米軍機訓練先の移設先にしようとしていました。これは結果的には沖縄県ではなく鹿児島県種子島付近の島に変更になったとかという話もあります。

 

f:id:biz-m:20160816193500j:image私たちが行ったときには練習機はいませんでしたが、周囲をエメラルドグリーンに彩られた島での旅客機のタッチアンドゴーは迫力だと思うのですが、絵にもなるということでカメラマンが絶えないそうです。もちろんリゾート地です。海水浴、シュノーケリングを楽しんでいる人たちも沢山。(この写真は他から引用)

f:id:biz-m:20160816193558j:imagef:id:biz-m:20160816193611j:image

f:id:biz-m:20160816193636j:imagef:id:biz-m:20160816193648j:image

私たちもビーチの美しさに見とれながらしばしリゾートの雰囲気を味わいながら午後には岐路の宮古島からの便に間に合うように空港へ行き、上里議員ともお別れしました。

 

f:id:biz-m:20160816193725j:imagef:id:biz-m:20160816193741j:image空港では私の地元での後援会活動を担っていただいき宮古島に転居されたKさんに会うことができました。島の状況だとか、暮らし向きだとか(さすがに水光熱費は安いそうです)いろいろとお話しをお聞きし、お土産までいただいてしまいました。また、プライベートで是非とも訪れたい場所です。

 

f:id:biz-m:20160816193829j:imagef:id:biz-m:20160816193905j:image今回、宮古島伊良部島そして下地島も南海のリゾート地という思いで訪れましたが、戦争では宮古島は上陸戦はおこなわれなかったそうですが、しかし、前線基地として終戦時(沖縄は623日)には30000人もの日本軍が駐留して、秤量攻めに遭って医療も食料も断たれる中塗炭の苦しみを味わった島です。

f:id:biz-m:20160816193948j:imagef:id:biz-m:20160816193636j:imageそして今、隣国への対抗から今度は自衛隊の再配備や米軍基地の分散問題が急浮上しています。そうした場所であることを知り、よりいっそう自然の美しさを大切にしつつ観光の振興など地方産業の振興のための施策が必要であると痛感しました。71年前の戦争の惨禍を二度と繰り返してはならない。この美しい海を空をそして島を汚してはならないと改めて決意しつつ帰路につきました。

 

ここは前線基地?レーダー基地とアリランの碑にこめられた思い・・宮古島にて

f:id:biz-m:20160816122437j:image8日の午後はさらに西方に飛んで宮古島の調査に向かいました。

f:id:biz-m:20160816122547j:image宮古島に着くと現地の党の上里樹(うえさと たつる)市議に案内をお願いして島内の戦跡や基地関係の施設をまわりました。

f:id:biz-m:20160816122510j:image沖縄は辺野古新基地建設、高江のヘリパッド建設の問題がクローズアップされているのですが、ここ宮古島には陸自ミサイル部隊配備計画がもちあがって大問題となっています。

f:id:biz-m:20160816122622j:imageまずは、航空自衛隊宮古島駐屯基地をみましたが、09年突然この基地内にレーダー施設が次々と作られており、建設途中のものも見受けられました。

そればかりか防衛省はミサイル部隊(800人)の配備を計画し、予定地である大福牧場や千代田カントリークラブ等に20から40haの基地にするというものです。

しかも、計画地の地価には宮古島の「地下ダム」といわれる飲料水と農業用水に使える水源に隣接、地上部に計画されっており、水源の汚染は大問題です。

f:id:biz-m:20160816122637j:imagef:id:biz-m:20160816191002j:imageここの地層図まで詳細な資料をいただきましたが、宮古島珊瑚礁の環礁をもち平坦で高い山がなく、したがって河川がほとんど無い典型的な沖縄の島なのですが、北西から南東にかけていく筋もの活断層宮古島断層帯―野原断層系、与那原断層系等)があり、その東側が崩れ落ち下部の不透水性の島尻層群泥岩との間に雨による地下水を大量に(毎時2.4万tも)溜め込んでいるといいます。農水省事業でもここの地下ダムは貴重な水資源として支援が行われているそうです。しかも石灰岩層からの水です。良質なミネラルウォータは蒸発すると白く残るといい、天然カルシウムの豊富な水として価値が高いわけです。

f:id:biz-m:20160816122952j:imagef:id:biz-m:20160816123026j:imageここで実は私は今、塩尻で問題になっている東山の産廃処分場計画地の地下地質構造も非常によく似ており、活断層によって落ちた側に地下水が大量にたまっていること、それも古代の珊瑚による石灰岩層からの良質なミネラルウォータや石灰岩の産出もおこなっていた等もはるか3000キロも離れたところでも同じ仕組みで水の供給がなされているとは!驚きです。

f:id:biz-m:20160816123052j:imageこのようなところに軍事基地の設置計画は尖閣諸島沖での中国の侵犯が拍車をかけていることは明らかです。地元でも水瓶を守る世論もあり、市長は「陸上自衛隊駐屯施設等の大型工事を伴う施設整備については認められない」といい、自衛隊側は今でもあきらめず、同島での配備を画策しているといいます。

 

f:id:biz-m:20160816122730j:imagef:id:biz-m:20160816122805j:image宮古島ではこうした軍事的な施設とともに、先の大戦での戦跡ともいえる施設のひとつ「アリランの碑」を視察しました。従軍慰安婦による慰安所のあった(17カ所はあったとされる)記録として、戦後米軍から現在自衛隊に払い下げ?されたレーダー基地施設と化している場所から程無いふもとにひっそりと「女たちへ」と12の言語に訳された碑文とともに建立されていました。

f:id:biz-m:20160816122835j:imagef:id:biz-m:20160816122917j:image「アジア・太平洋戦争当時、この近くに慰安所があり、朝鮮から連れてこられた女性たちが(遠くの井戸で洗濯した帰りに)、祈念碑のある場所(当時は大きな木陰があったそうです)で休んでいた。女性たちはみな綺麗な方たちで、アリランの歌をよく歌って教えてくれたこと等を記憶している。悲惨な戦争を二度と起こさないために、世界の平和共存の想いをこめ、この碑を後世に伝えたい」と2008年9月7日に建立しました。終戦時小5で現在83歳になる建立者の与那覇博敏さんも偶然碑のそうじに来たところをお逢いできて懇談。この碑文にこめられた思いをしっかりとお話いただきました。f:id:biz-m:20160816135256j:image

沖縄県での調査へ

国政問題 子育て 観光振興

f:id:biz-m:20160816111607j:image8、9日と日本共産党長野県議団で沖縄県の調査に行ってきました。私は7日に父母の法要があったので最終のあずさで上京。羽田の朝一の那覇行きの飛行機に乗り込み、沖縄県庁へ。

8日は午前中、沖縄県庁にて基地対策課から米軍基地移転問題や長野も飛行ルートとされているオスプレイ対策についてのレクチャーを受けました。

f:id:biz-m:20160816111548j:image県担当者からは、県民としては(基地問題は)限界に達している。県民は反対しており、オスプレイ配備の撤回を求めていきたい。と。県は沖縄県軍用基地転用促進・基地問題協議会(会長翁長知事、以下24市町村長が会員)で対応や要請行動をおこなっており、特にオスプレイ問題での苦情処理については基本的には市町村ではあるが、今は高江でのヘリパッド建設問題での苦情が出ていること。またオスプレイの騒音問題には基準がないなど(離発着時の騒音は6倍にもなる)の問題が出ているといいます。低周波音は独特であり、遠くからでもすぐオスプレイだとわかるそうです。国の安全問題だから国民全体が負うべき課題である。知事会で協議の場が設けられるようになったが、日本全体で米軍基地を分担しあうだが、実際には嘉手納村などでも負担軽減にはなっていない状況も。

また、知りませんでしたが、オスプレイの悪臭問題もあり、これまで返還された土地のダイオキシン汚染の問題などもその処理費用は防衛庁が出しているといい、どこまでも米国追随の日本の姿勢は戦後71年たっても従属関係にあることがうかがえました。

f:id:biz-m:20160816132315j:imageその後は党沖縄県議団のみなさんの控え室にお邪魔し、当初の予定では県議のみなさんは基地問題等の対応で参加できないということでしたが、みなさん集まってきていただきました。そして当初予定では叶わなかった沖縄県の子どもの貧困対策(子どもの貧困率が国平均の約2倍の29.9%といわれます)について沖縄の実態調査や取り組みについて説明とともに資料をたくさんいただきました。県議団との懇談ではどうしても基地問題に及びます。県議からは「沖縄の問題は民主主義、立憲主義が問われている」と。重大なそして危機的な問題です。今、安倍政権が公権力を使い、基地設置に反対する国民に対し排除のため銃を向け、米国追随し改憲に突き進もうとしています。まさしくどこの国の政府なのか問われています。その最前線が沖縄なのだと感じました。

議会報告No.6が発行されます

f:id:biz-m:20160805114450j:imagef:id:biz-m:20160805115556j:image6月議会が7/1に終わって、参議院議員選挙があったことからから遅れましたが、議会報告の6号が発行されます。ご一読いただければ幸いです。

f:id:biz-m:20160805114816j:imagef:id:biz-m:20160805114958j:image私の場合、後援会員や赤旗読者向けの通信も1ヶ月以上前にお配りしていますが、議会質問や党県議団としての取り組み等の議会全体の事(議会報告)と私の日常的な活動や趣味の事や選挙など後援会関係(通信)と明確に分けています。これは政務活動費の使い方を議会活動と選挙や後援会等の活動と明確に分ける事から手間がかかりますが、このスタイルでやってきています。

日本共産党創立94周年記念レセプションへ

f:id:biz-m:20160729082215j:imagef:id:biz-m:20160729082203j:image昨晩は日本共産党創立94周年記念レセプションが長野市内で開催され出席しました。

f:id:biz-m:20160729082341j:image今回の参議院選挙での野党共闘の前進で、長野県選挙区の杉尾ひでやさんの当選に表れた、全国32の1人区が前回の2から今回11議席への躍進。そして、共産党も3から6人へ、その中に地元長野県の武田りょうすけさんの当選と、嬉しい前進を勝ち取る事が出来ました。

f:id:biz-m:20160729082431j:imageレセプションには野党共闘を共に築いてきた、民進党社民党それぞれの幹事長も参加していただき、新たな時代を築きつつある祝辞をいただきました。これも凄いことです。また、この野党共闘を結びつける努力をいただいた市民団体の皆さんも。こうした努力が野党統一候補の杉尾さんを当選させ、その力が今たたかわれている東京都知事選挙の野党統一の鳥越さんの擁立の原動力にもなっている事など、前回の選挙では考えられないような激動の時代を迎えていると感じました。

f:id:biz-m:20160729082518j:imagef:id:biz-m:20160729082547j:image議員バッチをつけた武田りょうすけ参議院議員、藤野やすふみ衆議院議員、そして、井上哲士参議院議員と長野県や北陸信越の声を国に繋げる3人の国会議員に増えたとのお話には、長年にわたっての党員、後援会員、支持者の皆さんの地道な活動の結晶だと思います。

選挙区から比例区にまわった唐沢ちあきさんからも感動的なスピーチが行われ、目頭を熱くされていた人も多かったと思います。

私もスピーチさせていただき、懇親会ではみな心ゆくまで交流しあいました。

f:id:biz-m:20160729082608j:imageところで今日29日は私の誕生日です。50歳になる頃からあまり誕生日を気にもする事は無くなっていました。そんな昨晩のレセプションの中で「明日は志位委員長の誕生日ですよねー」と党員の方が教えてくれ、「ウッソー❓それなら私も明日誕生日(=^x^=)❗️」ほんとビックリしました。今まで全く知りませんでした。

 

高校の地学部OB会総会へ

f:id:biz-m:20160705003005j:image3日は出身高校の地学部OB会総会が開かれ、初めて参加しました。

今回は私も自分の在籍していた頃の仲間にも声をかけ、総会には参加出来なくてもOB会加入者を大分若年層?に増やしたという事で紹介いただきました。

高校の頃から観測方法等教えていただいたS先輩は、新しい流星群を発見した事により日本天文学会から表彰されたといいます。

ずっと仕事とともに今も研究に取り組まれていて、そうした先輩たちがいる事に励まされます。

総会は3回目だそうですが、私も母校の部活動の状況が昨年娘が卒業しましたが、娘の部も何やら企画(運動系)するというので、文化祭を見に行った時に寄ってみたのですが、中々大変そうでした。(と言っても自分の時と比較してですが)

5月に総合教育センターでの天体観察会のガイドに入った際にも、高校生が「地学部に入っても観測会やられなくてー」と話してくれた彼に恐る恐る「どこの高校かな〜?」と聞いてみましたら、なんと母校でした⁉️(@_@)

OB会長さんも先週の母校の文化祭に出かけて様子を生徒さんたちに聞いてこられたようです。

先輩方からは昔は何週間も山に登って気象観測を交代でやったと言います。私の時にはそれが新入生の入って一月ほどしての鉢伏山への一泊の登山というより山行でした。3年間雨にたたられた記憶があります。(一回は山頂が白くなった事もある)

先輩と話をしていてどこの年度から一泊になったかというと、多分私達の学年の2年ほど前からか?と、それは共通一次試験が始まった頃だと気付きました。

我が校は共通一次試験に合わせて?真っ先に文化祭を夏休み前に移した学校です。

「部活動費が年3000円だそうだ。OB会で現役生に金銭的な支援をしていこう」となりました。ただ私も現場に話を聞きに行ってきましたが、現役生の要望がどこにあるのかー、ただ金銭的支援で良いのか?確かに私も当時毎日太陽黒点のスケッチに使っていた(優に40年以上物?)望遠鏡が軒下に野ざらし状態ですが、道具は使う人がいなければどんな良い物があっても朽ちてしまいます。松本市内の某私立高校には天体観測ドームが2基もありますが、以前そこの理解の先生とよく話す機会がありましたが、やはり使う人がいない事を言っておられました。あれはもう使えないのでしょうか。

10年ほど前に市民の方から大型天体望遠鏡の寄贈先を探していて、是非母校にと思って学校に話をした事がありますが、F高校の様にドームがあるわけでもありませんので、上の様な事が予想されました。今は市の天文台に設置されていますが。

今年県教委は再来年に長野県で開催される、全国高等学校総合文化祭の担当課を配置してその準備に当たっています。文化系の予算の少なさもさながら、活発な活動をしているところもあるし、今の現役生の嗜好の違いも有るので、OBが色々という訳にもいきません。文化系部活動の発展に繋がってくれれば良いのですが。

でも私より20年近くの先輩達は地学部の襟章まで作っていた事にはビックリしました。今は一つも見つからないそうですが、図案は見せていただきました。

共通一次試験で高校の部活動は大きく変貌させられてしまったのかもしれません。

懇親会で先輩方のところを自己紹介しながら、部や選挙や世相の事も話しながら、沢山激励もいただき、部活の先輩たちはありがたいなあ。来年はもっと誘ってみよう。としみじみ感じながら塩尻に戻りました。

6月県会閉会ー子どもを性被害から守るための条例、大北森林組合の補助金不正金の国返還分の補正予算が賛成多数で可決

f:id:biz-m:20160704233535j:image1日、6月県会が閉会しました。

15億円もの大北森林組合補助金不正受給の国返還金や、子どもを性被害から守るための条例案の問題が大きな争点となっていました。補助金不正受給についてはまだ国からの返還請求が来ないのにもかかわらず、まましてや15億円ものお金がどう使われたのか解明がほとんどなされていないのに賛成多数で補正予算は可決。私達県議団は反対しました。また、子どもを性被害から守る条例案に対しては私達も子どもたちを性被害から守らなくてはならないと思いますし、根絶させていかなくてはならないと考えます。が、県民的な議論はまだ緒についたばかりです。真摯な恋愛、威迫、欺き、困惑に乗じての性行為を犯罪として裁くものであるが、これらの規定が曖昧なまま、個々人の内心にまで捜査機関(公権力)が入り込む懸念が拭えません。そこに18歳未満者との性行為で2年の懲役又は100万円以下の罰金を科す事に県弁護士会長等専門家による警鐘を鳴らす談話も出されています。私達県議団は罰則規定を削除した修正案を提出しましたが、賛成少数で否決されてしまいました。(原案に対して退席する自民党議員もいました)

f:id:biz-m:20160704233551j:imageこれらの県議会報告を一晩で作成しました。速報版(その割には文字ばっかりー)として、参議院選挙の真っ最中ですから、身近な方々には党の法定ビラと一緒に読んでいただけるように徹夜しましたー。(今も良く見えている木星と火星の写真も入れました(=^x^=))

f:id:biz-m:20160704233920j:imagef:id:biz-m:20160704233937j:image

f:id:biz-m:20160704234010j:image

以前大学の恩師から性行為感染症性教育について何度もお聞きして議会で取り上げてきた事もありますが、今回の議会報告のその部分を以下掲載します。

 

「子どもを性被害から守るための条例案について県議団は5月15日、シンポジウムを開きました。インターネットのセキュリティ対策の専門家からはネット社会が大人の認識を越え発達し、悪用しようと思えば公衆LANの環境下で簡単に個人情報が盗み取られていること。また学校現場の方からは「最大の子どもたちの性被害は性教育をきちんと受けさせない事である」と。興味本位の性交渉がクラスに性病を蔓延させていたと語られ、街角での保健指導をやってこられた方からは、血縁関係の無い親からの性の強要に悩み続け、家に帰れない子どもがいること等の報告に条例などでは防げない深刻さを感じました。
大学の恩師にエイズ研究家の先生がいます。エイズ性感染症が安易な性交渉により潜延し、特に女性の若年感染に警鐘を鳴らし、若者の性教育を訴えています。十年程前の県議会衛生委員会でエイズ用迅速検査導入と女性用コンドームの普及をとりあげた事があります。性の自己決定力を培うのは性教育であるのですが、学校現場のみに依存するのではなく、家庭の役割が重大です。高額な治療費問題や人類存亡にもつながる重大問題です。」

敬老会⁉️や産廃問題学習会そして障がい者のNPO総会へ

f:id:biz-m:20160626231601j:image26日、地元区の恒例の敬老会へ。秋は色々と忙しいということで、なんとこの6月末に行っています。もう10数回参加させていただいてきましたが、ついこの前まで区長をされていた方も「一年生だでね」と、もうそんなお歳なんですね。年月の経つのか早いです。

f:id:biz-m:20160626231626j:image祝辞も述べさせていただき、懇親会ではスコップ三味線(私も飛び入り参加…)やこの度スポーツダンスの日本大会で優勝され、世界大会へ出場されるとかで、区三役されてるお隣さんが華麗なダンスのご披露、などなど多彩な催しも。
お会いできた皆さんからは「議会で頑張っているねーと選挙は大丈夫だよー」と嬉しい激励をいただきました。

f:id:biz-m:20160626231637j:imageその後塩尻東地区の産廃問題の学習会へ。とても分かりやすく、これまでの学習会で得た知識が整理できた感じがしました(=^x^=)

f:id:biz-m:20160626231652j:imageまたその後は松本市内へ車を走らせ、障がい者NPOの総会へ遅れて参加。

特別支援教育や障害者差別解消法などにも話が及んで、現場で頑張っておられる方々の話はとても勉強になります。夕飯懇談会には事業所で働いているシェフ自慢のお弁当。とても美味しくいただき、話も尽きないのですが、「今度の選挙頑張りましょう」とガッチリ握手して帰宅。

明日から議会は委員会になります。準備しなくては〜(@_@)

素晴らしい天候に恵まれて

f:id:biz-m:20160601125126j:image朝から塩尻市友愛クラブ(老連)連合会のグラウンドゴルフ大会へ。
f:id:biz-m:20160601125156j:image天候も素晴らしく頑張って下さいー。と、「今年はまだ台風が1号も発生していない、異常気象のようですが、異常と言えば政治もおかしいですよねー。」と、「これから高齢者が増えるというのに国は必要な病院のベッド数を32万床も逆に減らす計画。夏の参議院議員選挙ではこうした事も問われる選挙です」など色々ご挨拶。
f:id:biz-m:20160601125235j:imageその後、国道19号塩尻地区整備促進協議会の総会へ出席してご挨拶。
交通の要衝と言われる20号、19号の交差する地域ですが、もう30年以上もかけているのですが、松本市境から塩尻高出交差点の6キロ区間の4車線化ですが、進んだのは46%の2790m。
物流や観光、そして生活道路としての役割が非常に高い国道です。今、部分改良が進む交差点は、県内有数の事故発生の交差点でもあります。このままいけば人口減少し、車の購入世帯も減少しますので、それまで待っていくという事でしょうか。しかし、日本版CRCCと国は高齢人口の首都圏からの流入を考えているようですが、その為にも高齢者に対応した医療福祉体系を構築する事はもちろん、弱者にとって優しい道作りも考えなくてはなりません。
f:id:biz-m:20160601125209j:image国交省長野国道事務所長(関東地方整備局)や、飯田国道事務所長(中部地方整備局)から(こちらは楢川地区の狭あいな桜沢のバイパストンネル整備による改良)説明を受けましたが、中々今のご時世、進めるのは大変な事です。

天候に恵まれて我が家のハツカダイコンは今日も沢山(一度に種を袋全部蒔いたのでどんどんデカくなってるー)採れてます。天文台太陽光発電もしっかりと発電してバッテリーに充電されていきます。(*^_^*)