読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

環境審議会の初委員会に出席

f:id:biz-m:20170426011535j:image県環境審議会の初委員会が行われ、今年度から議会選出で出席しました。

初委員会ですので役員体制で平林公男信大繊維学部教授が会長に、また会長代理に織英子弁護士を選出しました。

議事は

①第四次県環境基本計画の策定

②第六次件水環境保全総合計画の策定

③第七次諏訪湖水質保全計画の策定

④水道水源保全地区内における行為の事前協議について

⑤第二種特定鳥獣管理計画(イノシシ管理)の策定

ということでした。

私は特に①のk本計画の策定にあたっての進め方では基本計画と水環境保全総合計画,環境エネルギー戦略策定の核専門委員会を一体的に検討・審議するとあり、前2者は1冊に構成させるということで、それが「しごと改革の一環として」となっていることで、どのくらいの体制や人数で業務量の減少になるのか、またそれによって内容が薄くならないのか、具体的にこれをもとに環境白書等具体化がされることから、聞いてみました。③委員会で30人を6人にするということでしたが、これは一人がこれまでの5人分を担当することになることになるのか、体制的な不安も感じました。議会選出なので委員会でとりあげることもできるので聞きおいていましたが、特別委員の環境省の職員からも同様な指摘がなされ、やはり問題に感じました。

④はリニア中央新幹線のトンネル工事が水環境保全条例で指定されている南木曽町の三留野妻籠簡易水道の保全地区内を通過(土地の形質変更面積は1.26㌶で規準の1㌶を超える)することから、これに対して県(知事)に協議し同意を得なければならないことから、これに対する判断を求められているものです。

私はこの問題で現地を視察してきたことも述べ、現地では水枯れ等の影響を懸念する声が非常に強く、さらに2つの水道水源も関係していると聞いていること、また工区は飯田側からの工事を想定しているが、実際は岐阜県側からの掘削であり状況は同じなのか、さらには水道水源について影響があった場合の対策についてJRは代替水源や対策を30年、農業用水では10年しか対策をとらないと聞いており、恒久的な対応にはならず、条例の水源を守るという目的から外れてしまうのではないかなど意見を述べた。これも専門委員会(6人)に調査を依頼し9月に中間報告、11月に答申という計画ですすめるということは承諾されました。

地図と水源の銃断面図程度しか資料はありませんので、専門家に依拠しなければ詳細はわかりません。

午後2時からの審議会で、議題は環境部からのものに限られていますが、委員は19名中17名の出席で、なんと3時間半に及びました。

審議会にあたり、それぞれ長野県の環境施策について取り組むべきことを3分ほどで発表するよう準備するようメールがきており、私からは①自然エネルギーへの転換について先の議会でとりあげたFITの問題でバイオマスが発電主体であり、熱利用が疎かでありかえってエネルギー効率が悪いこと ②廃棄物対策で福島原発事故で国の基準が緩み、放射性廃棄物が含有物が処分場や公共事業にも持ち込まれることにうごきつつあり、周辺住民労働者などの内部被爆は未知な領域であり、環境サイドはトレーサビリティを掌握すべきであること ③長野県の星空は環境の良さを総合的に表しており、他県に勝る誇るべき環境。こうした中、県内の天文台や研究者らが、こうした環境を誇り広めていこうと「長野県は宇宙県」と活動が開始されていること、中でも良質な星空を調査する環境省の星空継続観察が事業仕分けで中断してしまっている中、長野県が独自でも数値化していくような取り組みができないかなど提案する準備をしました。(①については時間が無く話せませんでしたが)

初の審議会でしたが、内容が非常に多くまた活発な発言がなされ、時間が足りなくなること必至でしたが、私も他の委員の方々から学べるよい機会となりました。

帰宅しようと長野インター直前で長野道上り車線の火災のため通行止めという事で、帰宅まで3時間かかりました。(写真は夕飯を食べた食堂前にて)

 

木曽漆器青年部の皆さんの製作拠点整備のお披露目会へ

f:id:biz-m:20170421164905j:image木曽漆器青年部の皆さんによる、木曽平沢の商店街の空き店舗を改修して、大学生や若手作家の共同製作の工房としての拠点の整備をした二四重商店のお披露目会に参加しました。塩尻市に来ていた毛利栄子議員も昨年は県議会の観光や産業等の委員長でしたので、是非ともと言うことで、地元の小澤市議ともども参加しました。

f:id:biz-m:20170421164927j:image
天井のガイシが昔ながらの陶器製であったり、ひと際太い通し柱もしっかりと出ていたり、2階の掘りこたつの熾火の入っているの(何て呼ぶんでしょうか?)が天井に出ていたりしてノスタルジックなスタイルです。
40年ほど前までは70から80畳あるという2階では結婚式が行われたそうで、宿場町独特の奥行きの長い総二階の作りの建物はとても大きいです。この地域に若い人が集い、また街道文化に癒しを求めて来られる皆さんにもやすらぎを与え、地域発展の拠点となるよう、期待を込めてご挨拶しました。

上の山のソーラーパネル設置について

f:id:biz-m:20170421081519j:imagef:id:biz-m:20170421081544j:image17日、恒例の市議団との朝宣伝。暖かくなりました。
その後小澤市議と大門の上野山の急傾斜地に建設されているソーラー発電の状況調査をしました。昨年暮れにも雑木の伐採が余りにも雑で、何処まで広げるのかなど調査し、行政に問い合わせしてきましたが、私たちの議会中にこんな急な盛り土をして、なんと山の北斜面に建設しているなんて考えられません。
f:id:biz-m:20170421081605j:imagef:id:biz-m:20170421081629j:imageしかも雑木を切り倒して、住宅地の直上部に山積みしています。
近年この周辺で集中豪雨災害が起きていますし、この場所自体がかつて石灰岩の採石した穴や掘削坑が随所にあった所です。私も子どもの頃よく遊んだ所です。雨水が流れ込み土砂崩れを引き起こす危険性が有るのですが、排水路などは作られていません。

f:id:biz-m:20170421081703j:imagef:id:biz-m:20170421081718j:image土地は転売に次ぐ転売で県外業者が設置していますが、求めても地元説明会もせずにやっているとのことです。地下構造の事など構わないのでしょう。土砂崩れと流木が住宅地に流れ込んだりする事の無いように対応を求めていきたいと思います。

もうり県議、小澤市議を招いてのお茶飲み懇談会

f:id:biz-m:20170421081140j:imagef:id:biz-m:20170421081105j:image15日、もうり栄子県議、小澤彰一市議を招いてのお茶飲み懇談会を開きました。参加いただいた皆さんありがとうございました。ざっくばらんにご意見をいただきました。参加いただいた皆さんありがとうございました。

子どもの医療費窓口化へ

f:id:biz-m:20170414085618j:image長野県がようやく子どもの医療費窓口無料化に来年8月に大きく動きつつあります。

これまでは一旦窓口で医療費を支払い、後日銀行口座に手数料500円が引かれて戻ってくると言う非常に面倒な制度でした。県はこれを1ヶ月医療機関に500円、さらに薬の処方があれば薬局で500円を支払うというものです。同一疾患同一科受診で2回目以降は無料となり、しかも所得制限がありません!

来年4月、国の国保への減額調整措置(ペナルティー)が見直され、国制度では就学前まで措置を外すのですが、県は市町村が既に高校卒業程度まで対象を拡大してきていることから、中卒までを対象とする方向だそうです。現段階では来年8月スタート予定だと言うことです。

現在でも負担金を徴収していない自治体や当初の300円のまま据え置いている自治体もあり、対象年齢も制度の進んだところなど異なる市町村の制度との整合性を構築していくとの事のようですが、県民運動が大きな前進を築いて勝ちとりつつあると思います。

私も度々の長男の喘息発作で時間外受診と高額な薬代には苦労しましたが、このような小児に多い疾病や、やはり入院されている子どもさんにとってもどんなに励みになるかと思います。

ずっと掲げてきた公約ですが、今後は福祉医療費助成制度として障がい者の医療費の窓口無料化にも広げていきたいと思います。

もうり栄子議員と水質検査

f:id:biz-m:20170414081824j:imagef:id:biz-m:20170414081716j:image昨日は議会運営委員会や環境審議会委員を受けるにあたっての打ち合わせ、そして団会議が夕方までありまして、塩尻が春の大雪に見舞われているとの情報もありましたが、ノーマルタイヤでも無事に帰宅できましたー(๑˃̵ᴗ˂̵)


f:id:biz-m:20170414081746j:imagef:id:biz-m:20170414081854j:image今朝はもうり栄子議員と塩尻東山地区の産廃処分場周辺の河川流等の検査のための採水し、その場で簡易の電気伝導率のチェックをやってみました。メーターは去年の秋口に大学の先生に紹介いただき、購入してあったのですが、キャリブレーションの事などで今日になってしまったー。

f:id:biz-m:20170414081927j:imagef:id:biz-m:20170414081913j:image結果は以前関口さんや行政が検査した時と同様で直下の電気伝導率は周辺の6〜7倍近いデータでした。
持ち帰った水をパックテストで簡易の水質検査をやってみました。昔取った杵柄ですが〜(=^x^=)

飯田市議選の応援に

f:id:biz-m:20170414080951j:image9日、飯田市議会議員選挙の告示日です。党市議として一期奮闘されてきた古川仁候補の応援に。雨☔️の中にもかかわらず多くの皆さんに出発式に来ていただき、懐かしいお顔にも何人も久々にお会いできました。

f:id:biz-m:20170414081015j:image古川さんは私も20年以上前の病院の労働組合仲間。子どもさんが実に7人❗️そして親御さんの介護と、子育てだけでも大変なのに介護と議員の仕事を頑張っています。文字通り見た目もビッグダディです。

f:id:biz-m:20170414081042j:imageそして後援会長の和田先生も松本の病院時代には小児科医として診療に当たられ、私も検査等で大変お世話になりました。また今は子どもや障がい者の医療費窓口無料の運動でもその中心で頑張っておられます。先の県議会でも子ども医療費窓口無料化は前進が築かれつつあります。市町村から住民の皆さんと声を上げ続け、当初は賛成しなかった議員や会派も今や賛同するようになってきました。もう一歩です。古川さんとともに皆さん頑張りましょうー。と応援挨拶。
候補に合わせて?可愛いダルマの目入れ式❗️

新規就業者の歓迎会へ

f:id:biz-m:20170413230051j:image夕方から塩尻地区労務対策協議会主催の新規就職者歓迎激励の夕べに、市や商工会議所、県機関関係者とともにお招きいただきました。今年は9事業所の32名が参加されたそうです。私と金子市議が着席したテーブルは4人全員が女性で、まるで自分の娘といるような感じで気軽に話をさせていただきました。皆さん考えや会話もしっかりとされていて、自分が就職した歳に果たして市議や県議などと話など出来たのだろうか?と思いつつ、これからの将来、それぞれの目標に向かって明るく頑張っていただきたいと願いました。

通信9号できました

f:id:biz-m:20170413225814j:image私の通信4月号が完成しました。2月議会一般質問での信州Fパワープロジェクトや放射性汚染土問題。裏面には伊豆大島での全国災害ボランティア議連の研修会やオスプレイの飛行問題、そして、星空の写真は暮れに撮影したバラ星雲を掲載しました。赤旗新聞やニュース会員の皆さんにお届けします❗️(=^x^=)

大門地区センターの竣工式

f:id:biz-m:20170413225452j:imagef:id:biz-m:20170413225516j:image塩尻市大門の地区センターの竣工式にお招きいただきました。旧公民館は74年製で、老朽と耐震に問題があり、2000年の頃から市議会の内外でも議論が始まり切望されていました。完成まで17年、当時私は市会議員でしたが、様々な論議と検討を経てこの日を迎えたことを含め、生涯学習や地域の文化の拠点としての利活用される事を期待してお祝いの言葉を述べさせていただきました。テープカットって何だか慣れないんですが〜