びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

リニア中央新幹線のトンネル排土について調査へ

f:id:biz-m:20170616225839j:imageリニア中央新幹線のトンネル工事の発生土置場として上がってきている豊丘村の本山(ほんやま)の現場を和田議員、山口議員と見学してきました。

f:id:biz-m:20170616225928j:imagef:id:biz-m:20170616230005j:image山奥のまたその山奥ですが、花崗岩質の脆い岩がせり出している虻川の谷に広さ8haの場所に130万立米の土砂を埋め立てるといいます。地下水や表流水の対策や大雨や地震等による土砂崩れ(崩壊)にはどう対処出来るのでしょうか?もう既に作業員たちが居て、宿舎(飯場)も出来ています。


f:id:biz-m:20170616230050j:imagef:id:biz-m:20170616230123j:imageそもそもリニアは電気食いで、原発の発電で賄う事が前提の技術。(14年には日本科学者会議から声明が出されました)電磁波対策?で運転手はおらず無人走行。しかも活断層のある山体に9割近くがトンネル地帯。

南海トラフ等の地震発生時は生還出来ないでしょうね。乗客はモルモット?こんな狭い国で時速500キロもの速度で急いでどこへ行くのでしょうか。

以前県議会でルート案について3ルートか示され、それぞれの地元のリニアの通って欲しい議員からは招致合戦の質問がされました。

そんな中当時私は世界遺産登録を目指す南アルプスに長大なトンネルを開け、殆ど大深度の地下を猛スピードで爆進する事の環境負荷を問いました。また大阪で開催された、電磁波過敏症に病んでいる方の証言や、電磁波研究の末に、保育園や病院等の施設を電磁波を発する高圧鉄塔から避け、電線を地中化しているスウェーデンのカロリンスカの研究者や同国厚生省の研究者の講演会などにも行き、質問の参考にもさせていただきました。

さらにはスイスではアルプスに世界最長のトンネルを開ける事に対して、国民投票が行われたというのに、この国は一民間企業の事業が優先されている事など工事の不条理についても議会で取り上げたりもしましたが、議場は野次の合唱でした。

その後、諏訪(伊那谷)経由や木曽谷を通すルートなどは棄却され、結局東京と名古屋を一直線に結ぶルートに決められるとそれまで誘致合戦していた議員は見向きもしなくなりました。リニアは直線を走るのがフリクションロスも時間短縮できるので、そもそもが直線ルートしか考えていなかったものと思われます。ルートを競わせて反対の声など出させないようにしたのだと思います。巧妙な手法です。

 

共謀罪法案の議決にあたり

f:id:biz-m:20170616223534j:image呆れました。朝までTVで見てましたが、共謀罪法案が委員会の議決を経ずに中間報告を参議院の本会議にさせて採決に掛け、こうした暴挙でなければ法案を通す事が出来ない事の違法性と、それも公明党の委員長に配慮しての暴挙だとか。
東京都議選では与党関係にはヒビが入っているでしょうに。
数の暴挙の末期症状の安倍政治に都議選、総選挙で報復ですねー。
今日は長野県議会の議会運営委員会に出席して来ましたー6月議会への知事提出議案等について報告がありました。
県議団事務局のOさんから沢山のサクランボ‼️これがとれたてで美味しい❗️(=^x^=)

6月議会前の知事申し入れ

f:id:biz-m:20170613143739j:image12日、8項目の6月議会前の知事申し入れを行いました。子ども医療費窓口無料化や介護保険問題、子どもを性被害から守る条例についてなどとともに私は現在も3家庭6人が避難生活を余儀なくされている、飯山市で起きた山腹崩壊災害について、視察してした事も含めて被災住民の生活の復旧や、水田の水不足で、作付けを断念されている事など飯山市と連携しての県の対応を求めました。

f:id:biz-m:20170613143811j:image

知事からはまだ仮設の水田用水路が不足しているか確認するとの回答があり、同時に県内で局地的に起きている降雹被害への対応も求めました。これには小林団長や安曇野市を視察してきた両角議員から提起がなされました。

議会は22日から始まります。

 

宣伝と知事申し入れ

f:id:biz-m:20170613100217j:image

市議団との定例の朝宣伝。共謀罪法案阻止、森友、加計学園「総理のご意向」徹底解明、「総理と近い」とされるジャーナリストの犯罪揉み消し問題などなど、よくもこれ程追求される内閣も珍しいー「酷」政を私物化しボロボロの安倍内閣には早々に退陣を願いつつ宣伝。柴田、小沢市議も明日から一般質問。今日は午後には議会前の知事申し入れです(=^x^=)

大門上ノ山の太陽光発電の問題で住民説明会

11日は夕方から、今大門の上ノ山で突然すすめられている太陽光発電について、千葉県の業者が初めての住民説明会が2番町公民館で開催され出席しました。

会社からは専務取締役、総務部長や施工業者、管理を担当するという山梨県の業者も参加があり、代表取締役の出席はありませんでした。

地域住民からは4、50人の2番町や平出区からの参加がありました。

 

この間の経過が2番町区長からありました。要約するとー。

昨年11月下旬から12月頃上ノ山の樹木の伐採が突然始まり、1、2週間でかなり切られ、「あんなに切って大丈夫か」と住民から問い合わせがあり、市の林務課へ相談。保水力低下、土砂崩れの危険、そしてここは石灰岩の掘った山であり、穴や陥没したことが過去にはあり、何度も行政から説明会を要請してもらってきた。4月26日には市、県地元区、業者で現場立会いしたが、急斜面であり、切土した上で盛り土して法面を作っていて大丈夫か?説明会をやってもらわないと困ると要請したが、6月1日に説明会をしたいと業者からきたが結局ほとんど施工してしまってからの開催となってしまった。

ここでは①土砂災害対策が考えられているか ②(住宅地上部に積み上げられた)倒木の処理 ③フェンス設置等がPTAから寄せられている。

など問題となる。

業者側の説明では5枚の資料が配布されました。

f:id:biz-m:20170613123704j:image1、事業計画については過剰開発(1ha超え)分は、設置済みのパネルは撤去(撤去箇所は平出側の地籍と説明)し、その後復旧のため植林する。その際住宅地上部に山積みした倒木は撤去し一部は薪として、残は産廃として処理する。

f:id:biz-m:20170613123946j:image2、土砂崩れ対策は法面にコモ芝を張って流出防止。浸透水を減らすようU字溝を設置し、現駐車場に溜池を造り集水(地下浸透)する。フェンス(1m)を設置し連絡先等の表示をする。

3、その他、FITがなくなっても伝記販売を行い、管理をしていく。緊急連絡先などの提示がされました。

その後住民からの質疑が出されました。以下要旨です。

まず、説明と施工と順序が逆である。一般常識から外れている。突然一枚の紙切れで工事開始され地域住民を小ばかにしている。

1ha未満なら勝手にできるということのようだが、工事の終わった後に測量をやっており、これも順序が逆。測量会社の人も「こんなのは初めてだ」と言っていた。

千葉の本社に何度も説明を求めたが行われず、住民を小ばかにしている。

ここはローム層でアカシア(ニセアカシア)を植えてきた。60年くらい前まで石灰岩採掘し(露天、坑道)トロッコで運び出していた。横穴は埋めていない。ここの工事は危険、土砂災害おこす。

業者は「駆け出しだった反省している。広い範囲の敷地内の中なので、セットバックしているのでよいと考えていた」と答えました(しかし既に他でも施工していると4月の立会い時にも言っていたので矛盾します)。

土地が越境しているのでは?

緊急連絡先の一覧ももってきましたが、人事異動で変わっていくもので緊急時に約立たない事などの指摘もありました。業者はそのつど全戸配布すると答えました。

またフェンスは山側に設置はしないと説明で、今子どもたちはどこから入ってくるかわからない、山側にもつけること、さらには1mではなく2mでとの要望出されました。

溜池については浸透式だと説明でしたが、浸透しきれるのか?

私も質問し、

①溜池が自然浸透方式というが、ここはローム層ですぐ詰まる。オーバーフローした場合は水の行き場は下流の住民の住んでいるところとなる。平成16年18年の集中豪雨で月400㍉降ったときがあるがどう考えているのか。

経産省資源エネルギー庁HPに会社名が無いがどういう会社なのか。

③現在もパネルが現場に山積みだが、発電総量はいくらか。

④山梨から緊急時に来るというが、下草がぼうぼうに繁茂し、枯れ草となり火災が発生の心配がある。下草などどう管理するのか。

これに対し、

①は明確には答えがなく、「駆け出し」といいつつ思いつきでの提案のよう。工事は地元業者にお願いしたいので知っている人がいたら紹介してほしいなどと的外れ。

帰宅後調べてみたが、溜池の設置予定場所は土砂災害警戒区域(休傾斜地)か土砂災害特別警戒区域(急傾斜地)であり、翌日市に確認した。建設事務所への許可申請が必要となるそうだが、こんな危険区域でしかも住宅地の上部にあるような案は許可されないと思われます。

②については現在3つの会社をひとつに名義を変えている最中でIDの発効に時間がかかっているとの説明で、結局この会社の概要がわからないままである。

f:id:biz-m:20170613124009j:image③これにも明確に答えがないので、私が図面にパネル総数1664枚となっているので、先日も280wパネルが設置されていることから、0.28*1667で466Kwということかと聞き返したが、そういうことというが、残部のパネルが先の立会い時には隣接地が他の会社の土地となっていることを口にしていのでさらに広がるものと思われました。

④については、落雷などの異常時は自動に発電カットされるよう異常個所はブレーカが働くと説明。しかし、山梨県からここまで最速で1時間(甲府から)後に調べてみたが、この管理会社は富士吉田市あたりなのでもっと遠いので時間は2時間近くかかると思われます。アラームも付けられること、監視カメラを設置するといいますが、火災時に他の通電しているモジュールがあるのに消火活動で感電する可能性があります。

どれも納得のいく説明ではありませんでした。

またさらに地震による法面の崩壊についての問い合わせもあり、専門家の意見を聞きたいと。

説明を聞いて住民の皆さんは余計に不安がつのったと思われます。

閉会にあたり区長さんからは

協定書を言われたが、協定書は工事の前に行うことである。これには署名するつもりは無い。

監視についても(カメラの映像を)誰が見ているのか。

理論的に説得する資料等出すものは出して説明するのが筋だ。

その際住民の納得とは別の話である。

そのためには区としても特別な委員会を作って体制を作らないとまとまらない。市、県などの意見を聞かなければ区役員だけでは対応できない。と話されました。

そのとおりであり、住民説明と施工が逆になっていることが住民感情を一層逆なでていると思う。私も太陽光発電脱原発に向け必要な設備であると思い、僅かながらも100w*2枚200wで発電した電気はバッテリーに蓄電してからオーディオや天文台に使っているが、このように二酸化炭素吸収源としての樹木を広域伐採しての太陽光発電施設の設置には問題が大きいむしろ害悪であると思っている。そして近隣住民としてもメガソーラーではないが、このような事業者のやり方は到底納得のできるものではないと思っています。

ところで帰宅後1664枚の280wパネル(Looop製)にここ10年あまりで最大と思われる月約440㍉(2004年10月の22、23号台風での1ヶ月降雨)の降雨があるとどのくらいの雨水処理が必要か計算してみました。

Looop製の280wパネルのサイズはメーカサイトから1640*992*40㎜ですので 

面積は1.64*0.992=1.4089㎡

ですが、平均的なパネル角を単純に30度とすると短辺は 0.992cos30°=0.859mなので

総面積は1.640*0.859*1664枚=2344.4㎡

ここに440㍉の雨が一月で降るとすると

 2344.4*0.44=1031.53㎥ ≒ 1032㌧!

すべての雨水が溜池に入るわけではありませんが、いずれにしても1032トン(余剰分も必要でしょうが)の水がパネル上に降り、そのままパネルから地下に浸透する部分と溜池に貯留するものと、前述したように石灰岩を採掘した地下構造からもこれだけの雨水処理が必要であると思います。(月をまたいでいる場合は調べていませんが年間降雨量が1300㍉前後ですから年間だと約3倍となるでしょう)

 

会社資料を見ると、パネル設置する土地面積について4029.24㎡とありますから、この土地では最大1月1772.8トンの水処理が必要ということになると思われます。

 

樹木は二酸化炭素、そして保水することからも、こうした森林伐採による開発の上に太陽光発電の施設をつくることによって与える環境負荷には計り知れないものがあることがわかります。

 

 

 

 

 

少年少女野球大会へ

f:id:biz-m:20170613095942j:imagef:id:biz-m:20170613100004j:image

地元の体協少年(少女も居ます!)野球大会でご挨拶。選手が減少傾向だそうですが、選手宣誓も元気いっぱい❗️頑張れー(=^x^=)
そしてまた今朝はゲートボール大会も。朝は肌寒いくらいですが、日中は爽やに晴れ暑くなりそうです。みなさん頑張って❗️
f:id:biz-m:20170613100030j:image

花は赤旗配達中に見かけたのですが、何ていう花でしょうか?

朝獲れズッキーニ(=^x^=)❗️

f:id:biz-m:20170613095527j:imagef:id:biz-m:20170613095542j:image

ズッキーニの元気が良くてどんどん実をつけています。まだ小振りですが、味も自己主張が少ないのでどんな料理にも使えます。

「長野県は宇宙県」と星空観光

f:id:biz-m:20170613095226j:imagef:id:biz-m:20170613095251j:image昨日発売の星ナビ7月号に「長野県は宇宙県」のサマースタンプラリーと、その資金をクラウドファンディングで進めているのですが、その案内が掲載されていますね〜(=^x^=)
星空観光を進めていくためにご協力お願いしますー。m(._.)m

北陸新幹線の中野市の高丘トンネル被害調査へ

f:id:biz-m:20170605162127j:image北陸新幹線のトンネル工事による建物の歪み等が発生していた事が明るみになった、中野市安源寺地区を同市出身の武田良介参議院議員と党県議団、中野市議団、長瀬ゆきこ長野1区予定候補らと調査に回りました。

工事は01年から07年の間に行われ、井戸枯れや地盤沈下など被害が発生していたのですが、当時施工した鉄道運輸機構は個別に補償を行い、詳細は不明のままです。
f:id:biz-m:20170605162211j:imageお話を伺った神社の宮司さんは水枯れで樹木が枯れ始め、特に樹齢300年ものケヤキに影響が出ている、建物も歪みが酷く、御神体のある本殿は丁度県宝の申請中で、文化財修理の見積もりの高さもあるが、現況のままでと言われ修理も出来ない状態といいます。地下のトンネルまで深さは20メートル位ですが、通過時には音がするそうです。

f:id:biz-m:20170605162311j:imagef:id:biz-m:20170605162251j:image
その後、地域住民のお宅では、一旦補償の印鑑を押してしまっていて、その後の影響への補償を求める事が出来ない。と話してくださいました。
トンネル開通から20年近く経過し、既に家の建て替えもされたと思われるお宅もあります。現在も地盤から建物への影響も有るということです。
被害住民の訴えがまとまらないようにしてきた経過なども不可解ですが、詳細な資料提供や説明を行う責務がJRには有ります。
その後、池田中野市長さんとも懇談しました。

市長さんは全く説明してこなかったのではなく、議会では議論してきた。また運輸機構からは水文調査の依頼を受け、専門業者に委託した。ボーリングデーター等は示されていないといいます。

そして、市長からは市としても調査する事と合わせて、例え大勢の人の為の輸送手段でも少数の人の我慢される事はあってはならないと語られました。

f:id:biz-m:20170605165508j:image今回は歪んだ神社の社殿改修にむけた遷座祭(御神体を移す)が行われた事で、トンネル工事の被害が発覚したのだそうですが、既に15年も過ぎており、補償は終わったとされていますが、詳細な情報の公開が待たれると思いました。同時にJR東海の行っているリニア新幹線の工事でも同様であると思います。

実は塩尻の東山の産廃処分場問題では国鉄の塩嶺トンネルのトンネル排土の行き先が処分場であったことが、当時の国鉄の塩嶺トンネル工事日誌に記載されており、付近のボーリングデーター等も含め膨大な資料を見ることが出来ました。国鉄の頃には情報の公開が出来たものが今はどうなのか?かつてのJNRのN(国民、国有)がとれたJRが試されると思います。

第17回平出 おもしろ広場へ

f:id:biz-m:20170606075222j:image4日、平出区の初夏のイベントふるさと面白広場が開催され参加しました。今年で17回目、初回の時には実行委員でサポートして早17年も経つとはー。

ちょっと日陰では肌寒いけど、好天に恵まれて区民総出で各種目に参加されています。昨年より新たな常会が誕生し、50人もの新居を建てられた皆さんが参加され、子どもさんも含め一気に若返った感じ。
f:id:biz-m:20170606075242j:image地元の皆さんを前に祝辞を述べましたが、私もここに来て丁度40年が過ぎ、古くからの遺跡のある平出に新たな仲間が増え、元からの住民と一緒に和気あいあいとやっていけるようにしていきましょう等お話しました。さらには地元で問題となっている大規模な太陽光発電についても経過をお話ししました。