びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

ご支援ありがとうございました

f:id:biz-m:20190502040528j:plain多くの皆さんにご支援をいただいたのに、結果を出せずすみませんでした。医療や福祉の前進を願う県民の皆さんの思いを引き続きうったえていきたいと思います。

昨日の結果のご報告と後半戦の市議選でのご支援をお願いする朝宣伝をしました。再スタートです。

天気は良いけど寒い~街頭宣伝

f:id:biz-m:20190328111522j:image

今日は元の職場の皆さんと宣伝。

宣伝カーのラッピングはこれからなのですが、音は大きく4スピーカーで1000㍗。県議選初戦と2回目までは100㍗でしかも車体は軽自動車規格でしたから随分と進歩しました。有難いことです。

天気は良かったけど寒かった〜

まちかど宣伝へ

f:id:biz-m:20190328111030j:image

武田良介参院議員に応援をいただき市内各所を街頭宣伝しました。本番用の宣伝カーを準備し、飾りはまだですがアナウンサーも付いてもらい、演説しました。

f:id:biz-m:20190328111356j:image

すれ違うドライバーの方々からも応援をいただきました。そして選挙戦恒例のカエルくんも塩尻にもが出現しました(^^)

つどいに参加しました

f:id:biz-m:20190328110758j:image

小澤市議とつどいに参加。「国道沿いの立木が危険。何とか伐採出来ないか」「辺野古基地建設の強行許せない。」「森友問題も大北森林組合補助金不正も同じ。有権者国民をバカにしている」などなど、身近な問題から国政問題まで色んなご要望が出され、元気もいただけます。

末っ子が大学卒業

末っ子が大学を卒業しました。かなり遠方と思えた東北の地方都市に居ながらも、今はSNSもあったりで、まるで一緒にいるかのような錯覚をしていましたが、新幹線使って6時間強の道のりは遠くて、娘でアパート暮らしということもあり、何度か出かけたりもしました。

でも、語学研修の留学から東南アジア方面にボランティアの教育支援など、バイト等をして海外に勝手に出かけて慣れっこになっていて、それでもLINEなどで連絡はどこでもとれていたので安心はしていました。が、前回はスマホを外地で紛失し大慌て。それでも旅先でスマホを購入し、なんとか連絡を入れてきたので助かりました。ちょっと自由過ぎたかもしれませんが、それも連絡を取れるので分かったことです。次男坊は連絡してもほとんど返ってこなかったし、自分の時はそもそも電話がなかったので、松本に下宿していても両親は今の私よりも情報はなかったでしょう。

f:id:biz-m:20190328144716j:image

私の県議選にも帰省して電話を何本もかけてくれ大助かり。就職はまたもやこちらではありませんでしたが、引っ越しも何も手伝ってあげられなかったのですが、彼の地で得た経験を元に頑張ってもらいたいと願うしかありません。

さて、県議選本番です。私も頑張ります。

(今は大学卒業すると日本酒が付いてくるんですね。何か関係あるんだろうか))

 

同級会へ

f:id:biz-m:20190318182223j:image

中学校の同級会を久々に開催しました。

各地を挨拶回りしていると、同級生に何人にも会います。担任の三上先生もお元気そうなので、連絡をとり都合の良い日が土曜日で(結果的にこの日は小学校の担任の先生の葬儀になってしまった)、この日となりました。

もうかれこれ前回から10年近く経ってしまったので、連絡のつかない人もいましたが、10人を超えたので良しとしましょう。

みんな50代半ばになり、それぞれ親や子どもをみながらも、仕事も責任のある立場になってきており、人生においても大変な時期にあるのだと思います。

でも、同級生が集まると中学校時代に戻って懐かしい話になります。毎年やろうということになり、また私と同じメンバーが幹事になったようです。

今日は朝は親戚の法事で、昼は元担任の葬儀、で、夕方は同級会の運営とくたびれたけど、色んな意味で充実した一日となりました。

恩師の訃報と弔辞

f:id:biz-m:20190318081416j:image

これまでずっと私の後援会長をやっていただきお世話になりっぱなしの恩師である中島得夫先生が急逝された。

先週もみずほの里のお部屋に会いに行った時も全く元気そうだったのに。その前に伺った時は1月の事務所開きにはこっそりとみずほの里に車を乗り付けておき、酸素ボンベ引いて参加しようとしていたが、インフルエンザの大流行で外出禁止とされ、来れなかったと残念がられていた。

50年前の宗賀小学校に入学した時が先生との出会いだった。私は3歳の時からの脚の病気で腰から下は装具を付けての入学式。でもガッタ坊主な私はブランコ遊びでその装具を派手に壊し、先生は汗だくになって直して下さった。専門外なのに大変なことを度々させてしまった。

先生の授業はスパルタだった。2年生の九九は先生の目の前で暗唱させられた。居残ってできるまで帰れなかった。そうやって叩き込まれた。

でも、本格的には20年ほど前の協立診療所建設から病院へ、さらには高齢者介護施設の建設へと展開した頃、施設の地元区長や民生委員を歴任されており、沢山のご助言をいただき、いわゆるご意見番のように、病院とのやりとりに協力を頂いた。

先生の家の車庫には数多くのツバメの巣があって、飛来日と巣立ちの日が全部書かれていた。あれは学校を送り出した教え子たちをいつまでも見守っているのではー。先日先生宅に行ったら、施設入所の折に巣は全部取り払ってきれいにされていたようだけれど、またツバメが戻って2つ巣がかけられていた。ツバメたちの居心地の良い場所なんだろう。そして教え子たちも近所の人たちも居心地の良い所だったのでしょう。よく車庫に置いたソファに座って色々と話したり、先生自慢の野菜特にトマトは絶品で訪れた人も私も頂戴した。

久しぶりに同級生に連絡しあって相談してお花をあげることもできた。
先生には大変お世話になり、感謝してもしきれないほどの厳しいけれど温かい気遣いをしてくださった。安らかに眠っていただき、空の上から私たちを見守っていて下さい。合掌。

 

中学の卒業式へ

f:id:biz-m:20190317222756j:image

朝から母校の塩尻西部中学校の卒業式にお招きいただき、祝辞を述べました。「若い皆さんの可能性は無限大。それぞれの夢、希望、目標の実現に向かって頑張って下さい」と。もう40年ほど前の卒業ですが、生徒さんたちの合唱にキュン!としてしまいます。

f:id:biz-m:20190317222838j:image帰り際、T画伯の例の絵が廊下のど真ん中に飾られていました(^^)

春を呼ぶつどいへ

f:id:biz-m:20190317222424j:image

脱原発の集会を終えて、私の事務所で春を呼ぶつどいを開催しました。

f:id:biz-m:20190317222451j:image

ぽこ・あ・ぽこの皆さんによるミニコンサート。

f:id:biz-m:20190317222525j:image
f:id:biz-m:20190317222532j:image

皆さんから激励あいさつと、たけだ良介参議院議員が駆けつけていただき、国会情勢と激励。私からは昨日閉会した県議会の様子と、決意をお話ししました。

沢山の皆さんにご参加いただき有難うございました。