読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

大火災にみまわれた糸魚川市内をみる

f:id:biz-m:20170106234729j:imagef:id:biz-m:20170106234752j:image6日、午前は新年初めての県議団会議に出席し、2月議会に向けたとりくみについて打ち合わせを行いました。

その後私は大火災にみまわれた糸魚川市内の現場へと車を走らせました。

 

f:id:biz-m:20170106234818j:imagef:id:biz-m:20170106234836j:image昨年12月22日の大火災は、このたび被災者生活再建支援法の適用が決まり、被災された方々に300万円と新潟県の独自支援100万円と合わせて400万円の支援金が支給されることとなりました。被災された皆様にお見舞い申し上げます。

 

この法律の火災への適用は初めてだということです。火災はこれまで自然災害には当たらないという立場を内閣府はとってきました。しかし、おりからの強風にあおられた結果、約150軒の延焼に広がっていきました。党の藤野やすふみ衆議院議員らが現地視察(12月26日)し、松本担当大臣に申し入れした際「自然災害の”風害”としてとらえる」と述べたといいます。

今日訪れたのは塩尻市糸魚川市姉妹都市提携しており、私も市議会議員時代には糸魚川市の議員や理事者と交流をしてきたこともあります。密集地での火災は塩尻市でも起り得るものであり、現地を確認しておくことは重要だと思っていました。

現場は本当に糸魚川駅日本海側で、新幹線の日本海口から通りを一本日本海側(北側)から日本海に面した国道8号線まで延焼していました。

f:id:biz-m:20170106234900j:imagef:id:biz-m:20170106234931j:image強風にあおられて完全に焼け落ちており、柱なども残っていない様子に、風によって火力が相当強くなっていたと思われます。また、乗用車なども焼かれると塗装がなくなって2週間で完全にサビてしまっています。

f:id:biz-m:20170106234948j:imagef:id:biz-m:20170106235000j:imageすでに今日からがれき処理(8割の費用が行政から出される)がはじまりつつあるところでした。そのせいかマスコミ関係者も数社来て、取材しているところも見かけました。

こうした中でも成人式の振袖の展示を行っているという、報道で知った呉服店も実際に展示されていました。

飲食店などはかき入れ時の年末年始の営業もできなくなっていたり、駅や周辺のお土産屋さんも客もまばらです。一刻も早い復興を願い現地を後にしました。

昨日今日で1000キロ走破。

 

 

娘を迎えにー日本人女子留学生の事件に思う

f:id:biz-m:20170106213446j:image昨日はフランスへ短期留学していた娘が帰国予定日で、膨大な荷物となっていると言うので、親馬鹿ですが、夫婦で朝6時に家を出て、往復で580キロ、成田空港まで迎えに行ってきました。

テロ問題や昨年末には日本人学生の関係する事件も発生しており、とても他人事には思えなかったのですが、どうにか無事に帰って来てくれました。

娘は地元大に入れなかったけれど、遠方ですが、どうにか公立大を見つけて入学しました。

金がかからないように、留学用の給付制奨学金を探して受けるなど、自分で切り拓いてきました。

国内であっても遠方の大学なので、これまでもLINEで直ぐに話もできたりしてはいましたが、今回は海外用のWI-FI環境を工面し、いつでも連絡を取ってくれ、私たちが心配しないようにもしてくれました。

 今回の事件の女子学生さんは、報道では自分で努力して留学資金を貯め、奨学金も受けるなどして、同時期に大学は違いますが、フランスに渡航しています。親御さんの気持ちを思うと他人事に思えないのです。どうか無事にいて欲しいと願わずにいられません。

 

市内新年祝賀会へ

f:id:biz-m:20170105183327j:image4日は仕事始めです。午前中はレザンホールで、市主催の新年祝賀交歓会にお招きいただき、県議代表の祝辞を述べさせていただきました。昨年の参議院選での野党と市民の協同での成果、一方の安倍政権の行き詰まり感、そして憲法施行70年の今年、総選挙が言われていますが、変えるべきは憲法ではなく、改憲しようとしている政治です。世界に誇る日本の憲法を守り輝かせる年にしましょうと結びました。

昨年は義父の他界があって、出席出来ませんでしたので、5年ぶりの新年祝賀交歓会での祝辞で緊張しましたが、何とか行う事が出来ました。

その後は市の賀詞交換の懇親会を皮切りに、市内各区の祝賀会にお招きいただき参加しました。塩尻もとても広く、3時間程で全て回るのは至難ですが、今回は全ての区を挨拶にまわることができました。写真は今年7年に一度の御柱祭のある北小野地区での乾杯の前の木遣りの披露。

母校の同窓会新年祝賀会へ

f:id:biz-m:20170104000352j:image今日は出身高校の同窓会の新年祝賀会があり

松本に出かけました。昨年は義父の葬儀など重なったりで、ここ数年は参加出来ませんでした。

今回はまた「同窓会参与」を拝命いただき、鏡割りもさせて頂きました。

数年前にはほとんど同じ学年の参加者は見かける事は無く寂しい思いもしましたが、3年ほど前に卒後30年の担当で「愛のリレー」を同じ学年で担当したからでしょうか、今年は何人もの同級生がいて嬉しくなりました。

また、昨年からは新成人になる卒後2年の後輩も成人を祝うという事で、今年は30人を超える参加者(女子が圧倒的に多い)がありました。

実はこの学年が娘の学年で、娘本人は出席できませんでしたが、その新成人と話をしていたら、同じクラスの人が何人も参加されていました。(同級のN君も家族で参加されており、奥さんは同窓会役員で祝賀会の司会者、そして彼の娘さんもうちと同級生❣️)娘にLINEで同級生の写真送ったら喜んでくれました(=^x^=)

 

久しぶりに会う先輩方からは激励を沢山いただき、色々とお話しを聞かせていただきました。

親戚に共産党の議員をやっている人とか、以前学校長されていた頃は共産党は大っ嫌いだったが、今は憲法を守る事に努力していて、とても好感を持っていると話をして下さる方、また、親も息子夫婦もお孫さんも同窓などと話していたら、あっちでもこっちでもそんな話がでてきて結構連鎖していてナンダコリャ?となったり。

特に「今度は野党共闘で自民党を倒してくれ」との嬉しい激励もいただきました。

母校は数年後開校100周年を迎えます。校歌や応援歌なども歌って大いに盛り上がって会場を後にしました。皆さんありがとうございました。

 

 

 

 

2017年 明けましておめでとうございますー

明けましておめでとうございます。新しい年が素晴らしい年となりますように。今年もよろしくお願いします。m(_ _)m

f:id:biz-m:20170103170727j:imagef:id:biz-m:20170103170739j:image

元旦恒例の街頭宣伝をたけだ良介参議院議員、もうり栄子衆議院長野4区予定候補と行っています。
この元旦の素晴らしい天気のように、政治の世界も国民の声の届く清々しい国会にしていきましょうー。
 
昨晩の越年撮影のバラ星雲
f:id:biz-m:20170103170840j:image
三角座のM33
f:id:biz-m:20170103170939j:image
一角獣座と大犬座の境のわし(カモメ)星雲
f:id:biz-m:20170103171045j:image
 

今年もお世話になりましたー

f:id:biz-m:20170103170235j:image今年は大変お世話になりました。あと数分で年が明けますが、来年が皆さんにとって良い年になりますように。
f:id:biz-m:20170103170250j:image
今晩も良く晴れていますので、天体写真撮りながら年越しです。(^_−)−☆来年もよろしくお願いします。

星空を守ってー高校生頑張る❣️

f:id:biz-m:20161221210749j:imagef:id:biz-m:20161221210759j:image長野県の良好な星空環境を全国発信する、長野県高校文化連盟所属の自然科学系部の活動が始まります。
スカイクオリティメーターを使っての夜空の観測が24日から来年6月28日まで行われるといいます。長野県の星空環境の良いところをPRしてくれると思います。先の県議会でも取り上げましたが期待大です❗️(母校の地学部が入って無い‼️けど)
でも、一方で光害も酷いです。良好な環境維持のための施策が求められます。スカイクオリティメーターは簡単に夜空の暗さを数値化する事の出来る優れもの❣️私も写真判定の時代から今も塩尻市内の夜空の明るさを塩尻星の会の皆さんと測定しています。

http://ssc01.jp/hikarigai/hikari1.html

高校生の皆さん頑張って‼️

北海道の地域医療を知る・・民医連学習会に参加

f:id:biz-m:20161220212857j:image17日、長野県民医連の社保・反戦委員会の合宿の「自治体に向けた運動の構築について」と題した北海道民医連事務局次長の近藤さんの講演をお聞きしました。

道内179市町村中83%の149市町村は分娩施設が無い❗️根室では分娩施設も妊婦検診も120キロ離れた釧路に行かなくてはならないといいます。

しかも通院中の交通事故という痛ましい状況も。地域医療構想では21医療圏中、病床数を増やすのは1医療圏のみ。46%も減らす計画の医療圏がいくつもあると。

道議会では昨年12月議会において、全会一致で診療報酬を引き下げず、地域医療を守ることを求める意見書を採択したといいます。

国の責任は重大。

時間外外来受診❗️

一般質問の先週の金曜日は喉も耳も痛くて、鎮痛剤を飲んで登壇しましたが、さすがに土日はもうり栄子議員の演説会もあって、忙しかったのですが、週明けの5日からの委員会ではさすがに初日が終わる頃には、すっかり力が入らなくなってしまいました。

夕方5時過ぎですが、長野中央病院なら診ていただけるという事で時間外の受診をしてしまいました。喉の痛みは快方に向かっていますが、中耳炎症状にあるとの事。鼻炎薬を出していただくとともに、抗生剤をお願いしました。時間外の会計は動いていないという事で、後日支払いとなりましたが、時間外診療をしていただける事は本当にありがたい事です。

 

文教委員会にて質疑

f:id:biz-m:20161208155101j:image5日から7日まで文教・企業のそれぞれの委員会に出席し質疑しました。

文教委員会では①教員の不祥事問題に関し、教員の勤務状況等について ②高校フロントランナー改革について ③高等学校のトイレ等について質しました。

今回は教員の懲戒処分でわいせつ事件が続発しており、ここに質疑の焦点が据えられていました。私は個々人の責任問題も十分に考えられ、特に議会で子どもを性被害から守る条例の議論がなされている最中に、そうした事件を起こしていることにも憤りを覚えるものでした。そうした中で確かに知事部局の懲戒処分に比較しても、わいせつ事件などの性犯罪の多さに驚きました。

質疑では性教育の重要性が性被害条例の議論の中で出されおり、特に学校現場では全教師の研修会参加をしていくことの必要性が関係者から言われています。18000人の教職員の研修をどう保証していくのか。また、教員の長期休業者中精神疾患での休養者が多いと聞くが、労働の実態についてや、残業代が賃金の4%で打ち切られているということなどについても、時間外の手当ても支払われず、部活動やPTA関係、研究授業、教材研究など授業以外の仕事が山積していることで仕事が終わらないというアンケートの声を紹介しながら、先の電通の過労死自殺された女性職員の状況にも触れながら、勤務の改善を求めました。