びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

自由民権運動の中江兆民の妻は塩尻出身者なんです

f:id:biz-m:20180430145256j:image地域の戦没者慰霊祭にお招きいただきました。戦争の悲惨さを繰り返さない、憲法9条を守る運動を進めることや、先日も朝鮮半島の非核化や和平への取り組みが両国首脳の歩み寄りが行われ、見守りつつ、日本の核禁止条約への賛同をするよう求めてご挨拶しました。

ところで以前にも書きましたが、私は長野県の自由民権運動を調べてきましたが、明治初頭の帝国議会議員選挙の際、東洋のルソーと言われた中江兆民が長野県を何度も訪れて、民選の(といっても当時は高額納税の男子という制限がありましたが)国会議員を多数出そうとして運動をした足跡などを見つけました。

その際、現在の千曲市から応援を受け選出された国会議員の墓が、その同姓である私の義父の墓とほぼ並びに配置されている事を昨年見つけました。お寺の住職さんからもよく見つけたと言われましたが、そのお寺には秩父事件(大逆事件でした。訂正します)で処刑された方々のお墓もあり、今も訪れる人が絶えないとの話ですが、近代日本の礎を作ってきた人々の営みを感じる事も出来ます。

ところで、その中江兆民の妻はが塩尻市出身で神官の関係にあることを松本清張の「火の虚舟」に見つける事が出来ることも以前書きましたが、なんと今日はその神官さんの末裔の方が、戦没者慰霊祭の神官さんとして来られているので、式典の前後に様々なお話をさせていただくことがやっと出来ました。

 

次期県議選でも頑張ります‼️

f:id:biz-m:20180427071911j:image26日、来年の県議選の塩尻市選挙区に立候補することの記者会見を市役所で行いました。

TV取材も入ってワクワク・ドキドキ。

f:id:biz-m:20180427072113j:image

モリ・カケ問題しかり、自衛隊日報問題もウソ・隠ぺい・セクハラ安倍政権が行き詰まり末期状態なのに、国民には医療や福祉を削る政策。

これに対し阿部知事は改憲問題も核廃絶も消費税増税も追随しもの言えず、そればかりか県政史上最大の不祥事の大北森林組合補助金不正問題は現場職員に責任なすり付けています。党県議団提出の100条委員会設置を否決した県議会の責任も重大。議会のチェック機能を発揮させ、県政が県民の命や暮らしを応援するようにするために頑張ります(=^x^=)‼️

新聞記者の方々からも信州F powerについて、地元の課題や取り組んで来た事、障がい者福祉のことなどの質問も受けました。

伊那市議会議員選挙の応援へ

f:id:biz-m:20180415113732j:image今日告示された伊那市議会議員選挙の飯島みつとよ候補の応援に来ました。雨模様ですが、出陣式では森友・加計、自衛隊日報の隠蔽、改ざん、ウソで塗り固める安倍政権への怒りと、さらに昨日のトランプのシリア爆撃も国連安保理決議もなく、国際法違反であり、これに追従いする安倍への審判をこの市議選でも示しましょう!と。
f:id:biz-m:20180415113749j:image飯島さんは市議4期で実績も抜群。塩尻では3ヶ所しか出来なかった、国補助を活用した地域のコミュニティ施設も伊那市では54ヶ所も、その先鞭をつけてきました。国保運営協議会長として、国保税の据置を市長に答申もしてきました。
選挙は無投票感もありますが、最後まで気を抜かないで頑張りましょうーと。

地区体協総会へ

f:id:biz-m:20180412073918j:imagef:id:biz-m:20180412073926j:image

塩尻市の地区体協の総会にお招きいただきご挨拶。今年は冬季オリンピックパラリンピックでの長野県勢の活躍が目立ち、話題に事欠かないのですが、一方で市内でも人口のとても多いこの地区体協は予算のやり繰りの面や、会員の高齢化などの課題もある等、真剣な議論が行われました。
健康の増進のためにもスポーツ振興をどう支援をしていくのか行政の役割も大きいと思います。

地元歯科医師会の皆さんと懇談

f:id:biz-m:20180412073702j:image塩筑歯科医師会と初めての地元県議・塩尻市議との懇談会に参加しました。
長野県歯科保健推進条例を2010年に全会一致で制定した時に、議会の検討調査委員として参加した時の苦労話など述べさせていただき、全年齢層にわたっての歯科保健の推進、また近年では子どもの虫歯の本数は減った(長野県は12歳児で0.6本!)ものの、格差と貧困の拡大で、充分な歯科診療を受けられない子どもさんもいることなどにもふれ、行政の役割を一層発揮させて行く事などお話ししました。
会長さんからはパワポ塩尻市の様々な歯科健診事業等とその効果をわかりやすく解説をいただきました。初めての試みですが有意義な懇談会となりました。

今年の桜は早くー

f:id:biz-m:20180412073439j:imagef:id:biz-m:20180412073457j:image

平出の泉は七分咲きというところでしょうか(=^x^=)
夜半から雪が降るとの予報で、朝は0℃になるとかー。

新規就職者歓迎の夕べへ

f:id:biz-m:20180412073208j:image塩尻市の事業所に入社した皆さんをお迎えする、新規就職者歓迎・激励の夕べに出席しました。
全体で約60名中、市役所職員が29名といいます。私のお隣は宮城県から引っ越して奥さんの実家の塩尻に来てくれた市職の建築士さん、そしてレンズメーカーに就職した鹿児島出身のフォトグラファ。どちらも趣味の話も仕事の話もすすんで楽しく歓談させていただきました。それぞれ皆さんのお立場で頑張って❗️(=^x^=)

市内学校の入学式へ

f:id:biz-m:20180412072941j:image午前は長野県立田川高校の入学式にお招きいただき参加しました。
240人、6クラスの新入生の皆さんおめでとうございます🎊

f:id:biz-m:20180412072958j:image午後は母校の塩尻西部中学校の入学式に出席してきました。ピーンと張り詰めた空気の中、祝辞を述べさせていただき、私は校歌のくだりを引用して新入生たちを応援しました。既に卒後40年、校舎も建替えられて20年ちかくとなり、歳とったわけだなぁーと感じつつ、ステージから降りました(^^)
新入生の皆さん頑張って👍

野村配水池の竣工式へ

f:id:biz-m:20180329073929j:imagef:id:biz-m:20180329074059j:image初夏のような好天に恵まれました。
先程は塩尻市が断水リスクの低減の為に計画し、施工した野村配水池の竣工式に参加しました。
f:id:biz-m:20180329074043j:image県企業局松塩用水からの水1200トンを貯めるオールステンレス製の貯水池です。
近隣のエプソン社の業務拡張による水需要の伸びと、人口の増加する広丘吉田地区への2系統での給水を予定し、地震発生の可能性の高い糸-静線断層帯の牛伏寺断層や松本断層等地震災害等にも備えられる施設です。
f:id:biz-m:20180329074120j:imagef:id:biz-m:20180329074128j:imageこの1月には松本市山形村と一緒に県企業局と災害連携を協定し、いざという時の緊急給水拠点としての機能を備えています。
たとえ災害時にもその機能が十二分に発揮されるよう願い祝辞を述べ、テープカットをさせていただき見学しました。

農業施設の更新が期待されています

f:id:biz-m:20180328225149j:image

昨日は洗馬地区の畑灌施設の更新事業の準備委員会の総会が開かれ、お招きいただきました。

事務局の中信平右岸土地改良区は農業施設の老朽化に伴い、順次更新をしているということです。昨年は梓川の頭首工から全行程を視察しました。

梓川から約25キロの行程を水路を暗渠とかで引いてきて、貯水池等を作り畑の灌漑を行なっています。同時に農道の整備などもあり、それまで別々の地区であったものを統合しての約120㌶の整備には相当な資金が必要です。

2月26日には申請に対して県知事から評価Aが出て、今後図面等の事業計画を、今年度中に国に申請する予定とのことです。

f:id:biz-m:20180328231733j:image先の議会では小規模農家への支援を国連も「家族農業の10年間」と支援を強める方向である事を取り上げ、中山間地域の多い長野県が農家戸数が10.5万戸と日本一多く、しかも耕作面積は平均値の半分の30位、20年前は65歳以上の農業者はら37%から今は72%へと高齢者が中心となって担っています。

f:id:biz-m:20180328231820j:image

先月は会派の視察でつくばの農研機構でスマート農業を見ました。水田の水管理をスマホで遠隔操作するというものです。

f:id:biz-m:20180328231952j:imagef:id:biz-m:20180328232042j:image「10年後は必ずこの方向になる」と開発された研究者は言いましたが、「10年後には誰も農業をやる人が居なくなる」と地域では言われています。私の同年代の農業者も、「息子が農業を継がなかったからもうやめたい」と言われ、大農家なのにビックリしてしまいましたが、後継者問題は深刻です。

先の議会ではやる気のある農家を支援して、外国への輸出も増やす事が答弁されましたが、そうした一部の先進農家の支援以上に、農山村を作ってきた圧倒的な小規模家族農業を支援して農業の多面的な機能を評価しての所得補償が必要です。

そうした事も含めての農政にしていく為に、必要なインフラの整備である事からも、頑張らねばと思います。