びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

コーンポタージュ作りました

f:id:biz-m:20170716064634j:plain

もろこしを沢山いただきました。茹でたりして食べましたが、放っておいたらせっかくの旬の味が下がってしまうので、先日、妻がいない間にコーンポタージュにしました。


ホントは濾すのでしょうが、ミキサーでそのまま。まるでオートミールのようですが、繊維質も摂れますし味は抜群。

f:id:biz-m:20170716122130j:plain畑のメロン(いつも接木の台木が育って失敗)を切って一切れ食べたら結構イケる。残りは帰宅した妻が平らげました。あれは台木の実ではなかったんだ〜(=^x^=)

障がい者問題の学習会へ

f:id:biz-m:20170717132659j:plain

長野県障害者運動推進協議会の海の日学習会が長野市内で開かれ和田議員や両角議員と参加しました。

県教委特別支援教育課から県の現状と課題の報告や、長野県の特別支援教育のあり方を考える検討委員会からの中間報告、また当事者からの発表もありました。

全国障害者問題研究会委員長の荒川智茨城大学教授の講演で、インクルーシブ教育と文科省のインクルーシブ教育システムの違いやユネスコの定義との違い、又韓国では特別支援対象者は幼稚園から高校まで義務で無償で高校の修学年限は2年程度延長されていると。

さらに居住地の近くで教育を受けるためにも、義務教育段階の特別支援学校は市町村立に出来ないかとの提案も、小規模分散型できめ細かな対応をする上でも重要な指摘だと思いました。

急増する特別な支援を必要とする子どもたちに現場で対応している市町村からは学級の充実を求める声が非常に大きく、県議会にも多くの請願が出されています。

野村区夏祭りへ

f:id:biz-m:20170715175912j:plainf:id:biz-m:20170715175917j:plain

とにかく暑い梅雨ですが、夕方は野村区のふるさと夏祭りにお招きいただきました。ここはエプソンの事業所があったり、新興住宅地もあったりでとても子どもさんが多く参加していて、少子高齢化が嘘のよう(=^x^=)

長野県では来年8月からの子ども医療費の窓口無料化の準備が行われていることなど紹介しご挨拶。

お神輿では「ワッショイワッショイ」と声をかけるのは、先日もご一緒した高校地学部の先輩。お孫さんがいるのかな?過換気?になるんじゃないかと心配しましたが、どの子も一生懸命引っ張っていました。

古くからの住民と新しい住民とが交流する良い機会と区長さん。暑いけど楽しんでいって下さいねー。

2017まつもと広域ものづくりフェアへ

f:id:biz-m:20170715092819j:plain

朝一で松本大学を会場として開催された2017まつもと広域ものづくりフェアの開会式に参加しました。運営委員会の井上会長さんからは18回目を迎えて、小学生から若者まで広く将来のものづくりに携わる可能性を秘めた人たちに来てもらいたい目的で開催していることなど話されました。

f:id:biz-m:20170715092847j:plain私も久しぶりの参加で、会場内を見てきましたが、途中で井上会長さんともお話しさせていただき、子どもの頃から科学や工学に興味をもってもらう良い機会だと感じました。工業高校や高専、また松本大学松本歯科大学、さらにはポリテクセンターなど多彩な出展がありました。高校の自然科学系の部活なども(文化祭準備で多忙?)加わればもっと楽しいのではないかな?とも思いつつ帰路に。

岐阜県議会の海外視察について調査へ

f:id:biz-m:20170714114400j:plain

昨日は長野県議会の議会運営委員会の調査で岐阜県議会へ行き、議会の海外視察等について説明を受けました。任期中に100万円/議員というもので、前年度に翌年の調査目的、希望を聞きいてから予算化して、地方自治法の規定による議員派遣の形で、議決してから行っていると。


質問したら46名の議員で、2014年(選挙前年)は0人、15年が12人、16年が3人、今年は6人が5月に行っていると。報告は議長と議会ホームページ公開。

f:id:biz-m:20170714114538j:plain

政務活動費は月33万円もあるので、政務活動費での海外視察は?と聞くと昨年度は3人くらいだそうですが、必要な視察は政務活動費があるのだからこちらを活用すべきで、別に一人に幾らとか予算化する必要性はないと思っています。しかしどちらの県議会も以前は期数で今年は中国、来年は米国とかという様な「お手盛り」視察が存在していたそうで、事務局長さんは「県民世論からいってもそぐわない状況」と解説いただきました。

委員会の写真はカメラ頼むのを忘れてましたので、議場見学の風景。

兵庫県議会の政務調査費の公開について調査へ

f:id:biz-m:20170713140732j:plain

県議会の議会運営委員会の視察で、兵庫県議会を調査にうかがいました。「号泣県議」で有名になったのは記憶にありますが、発覚した16年から政務調査費は月50万から45万に減額しました。全ての政務活動費使用の書類は領収書まて全て閲覧とインターネットで公開されています。

職員は3名増やして、一人一人の議員についてチェックされます。前段でも全て書類はダブルチェックしています。年間4万枚の書類の電子化は他の課職員も関わり進めています。

ところで政務活動費はこうした中、執行率は65%程度だといいます。

議会運営委員会の視察へ

f:id:biz-m:20170713093759j:plain

長野県議会の議会運営委員会で、今日は兵庫県議会の政務活動費の公開についての調査に向かっています。領収書も全て議会ホームページに公開されています。

途中の中央西線の車窓(野尻駅付近の阿寺橋近く)から見えた、林地開発による太陽光発電パネル。先の議会で取り上げましたが、こうした急傾斜地への設置は災害の誘因になります。ここについて聞いてはいましたが、山にへばり付かせている感じです。

団会議や中央東線高速化促進期成同盟会

f:id:biz-m:20170712135210j:plainf:id:biz-m:20170712133400j:plain朝から松本市内で県議団会議。6月議会報と9月議会に向けての打ち合わせ。

午後からは松本市内での中央東線高速化促進期成同盟会(会長は阿部長野県知事)の総会に共産党県議団から毛利議員、両角議員と参加しました。武田良介参議院議員の代理として清沢たつやさん(衆議院長野2区候補)も紹介されました。

国会議員からの祝辞で、杉尾秀哉参議院議員からは列車での旅が好きだそうで、都市間を高速列車でつなぎ、観光や経済交流の要となっているヨーロッパの交通事情の経験など語られ、わかりやすいお話でした。

総会後の「観光まちづくりと鉄道の高速化について」と題した跡見学園女子大学の篠原准教授の講演は聞けず残念でした。

これまで中央東線の高速化はソフト対策はしてきましたが、単線区間を複線化に出来ない物理的に高いハードルが厳然と存在しています。

ゆったりとした風景を楽しむ旅も必要ですが、一方でビジネスなど時を急ぐ人たちへの対応も必要です。が、それには多大なお金が必要になります。(それでもリニアよりも安くて安全でしょうがー)

躍進した東京都議会議員の大山さんがご挨拶に

f:id:biz-m:20170710101920j:plain

2日の東京都議会議員選挙で日本共産党都議団は17議席から19議席(しかも新人は8人当選です)へと躍進しました。そんな中、大山とも子都議(7期❗️)が挨拶にみえました。

自民党は57を23へと歴史的惨敗。安倍内閣の支持率ともに急降下。「森友・加計問題」、「共謀罪」強行や憲法破壊の9条改定をなど安倍政権の危険で横暴な振る舞いに、NO‼️の審判を下した結果です。

今日は共謀罪の法施行日です。「こんな人達ー」と取り締まりたい安倍政権にレッドカードを🔥

高校地学部OB会へ

f:id:biz-m:20170709143546j:plain松本駅前で松本県ヶ丘高校の地学部OB会に参加しました。

今回はお忙しい中を顧問の先生にも参加していただき、現役生の状況のご報告もいただきました。私も地学系の議員として(?)火山や活断層、そして地震も多発する長野県にあって、天文や気象、地質などの科学に興味をもつ教育の大切さをお話しました。卒後35年になろうとしていますが、先輩たちのお元気な事‼️

その後先輩と二次会へ〜(=^x^=)