びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

桔梗小学校30周年記念式典

f:id:biz-m:20170909144857j:plain創立30周年を迎えた塩尻市立桔梗小学校の記念コンサートにお招きいただきました。長野県民芸術祭2017の県の事業も取り入れ、諏訪交響楽団の皆さんにより、ワーグナーマイスタージンガービゼーカルメンドボルザーク新世界よりなどのスタンダードなプログラムを聞きました。休憩を挟んで桔梗小の合唱部31名が加わって、翼をください瑠璃色の地球、そして61名❗️の吹奏楽部が加わり総勢130名近いオーケストラによる、ヨハンシュトラウスラデツキー行進曲がまた壮大(^^)‼️

プロの皆さんに混じって直に演奏や合唱が出来たという貴重な体験が、子どもたちがそれぞれ多方面でこの体験を活かしていってくれたら良いな〜σ(^_^;)

素敵な時間を過ごさせていただきました。

私の通信が出来ました〜

f:id:biz-m:20170908214800j:plainf:id:biz-m:20170908214827j:plain私の通信8-9月号の印刷があがってきました。ご覧下さいσ(^_^;)

環境対策委員会と県環境部との懇談会へ

f:id:biz-m:20170908144406j:plain産廃処分場問題で県環境部と塩尻東地区環境対策委員会の懇談会に参加しました。少し遅れて入室しましたが、対策委員会から厳しい追及がされていてびっくり。

f:id:biz-m:20170908153307j:plainこの間、学者や弁護士、そして専門家を招いてコツコツと皆んなで学び、住民に知らせつつまた学習会を積み重ね本格的な対策をしてきました。

そして今やそれぞれが専門知識で「武装」して、県の環境行政を質し、住民本位の環境行政に変えていく地道な取り組みが進めらていることに頼もしさを感じます。

終わって4日ぶりに帰宅σ(^_^;)

県教委へ申し入れそして環境対策委員会へ

f:id:biz-m:20170917091308j:plain昨日まで県議会危機管理建設委員会の東北信現地調査で、夕方からは県議団会議を行いました。今日は県教育委員会に「学びの改革」を中心とした申し入れを行い、4日ぶりに自宅に帰ります(^^)

帰ったらすぐ産廃処分場問題の会議です。

今日は良い天気だなー。太陽フレアからの影響はこれからだとか?

危機管理建設委員会の東北信調査へ

f:id:biz-m:20170905120626j:plainf:id:biz-m:20170917090748j:plain県議会危機管理建設委員会の現地調査で、8月11日に長野市鬼無里地区小川 岡地籍の豪雨災害復旧現場に来ています。河川が屈曲しているところに時間雨量80ミリを超える降雨が越堤し、田畑に流れ込みました。護岸の復旧は原則は現状回復ですが、屈曲部の改修が必要とも思いました。

県生涯学習推進センターのスターウオッチングへ

f:id:biz-m:20170917090102j:plain昨晩は長野県生涯学習推進センターの「夏のスターウォッチング  月・土星と夏の星座を見つけよう」に、塩尻星の会のメンバーとして天体観測サポーターで参加して来ました。

今夏は天候が不順で、予備日を入れ3日間ありましたが、最終日の昨夜も雲が多かったです。


f:id:biz-m:20170917090126j:plainセンターには屋上に50センチ望遠鏡がありますが、こちらはセンターの専属職員さんがオペレートしてますので、私たちは外でセンターの数台ある8センチ屈折望遠鏡を使って50人ほどの皆さんに木星土星、月など見てもらいました。途中私の下手な星空解説しましたが、雲が多くて星座もあまり確認出来ずがっかり。

「それではっ!」と、とっさに小学生に天体望遠鏡の操作法のガイド。おずおず?とトライした男の子、初めて自分の手で導入した土星の姿を覚えていってほしいなぁ〜などと思ったりσ(^_^;)

過密老朽対策急がれる松本養護学校を視察

f:id:biz-m:20170917085635j:plain老朽化と過密化が問題となっている松本養護学校を県議会文教企業委員会が視察(共産党県議団からは両角議員が参加)し、私は地元県議として参加しました。

f:id:biz-m:20170904114421j:plain過密対策は松本盲学校や寿台養護学校に児童生徒を分ける方策が進められています。しかし、以前、会議室として使われてきたところ(相変わらず職員室有りません)は2教室に改修され、印刷室を仕切ってクールダウンの部屋がありましたが、それも廃止され相変わらずの狭さです。

昭和47年建築ですから築45年。両角議員が対策について質問し、今後建て替えを検討する際は小規模分散型で地域から近くに通える環境が望ましいと。屋内消火栓整備や雨漏り、老朽化激しい寄宿舎等課題山積です。何度議会等で取り上げても改善は本当に僅かで、県内の養護学校はどこも同様ですので、建て替えは急務です。

49回を迎えた塩尻市社会福祉大会へ

f:id:biz-m:20170902144448j:plain塩尻市社会福祉協議会の第49回塩尻市社会福祉大会が開かれお招きいただきました。

祝辞をー、と急に挨拶をする事になりましたσ(^_^;)

私は来年度準備されている国保都道府県一元化で保険料の一本化と介護や後期高齢者医療などとの関連とともに、現在、発達障害等の特別な支援の必要な子どもたちの増加に対応した地域の衣食住をはじめとした体制のさらなる充実のために「要」としての社協の皆さんの引き続きのご尽力等をお願いしました。


その後、住民同士のつながり、かかわり、支え合いについて〜と題して松本大学の尻無浜教授の講演と、市内の子育て関係者や元気づくりサポーター、さらにコミュニティソーシャルワーカーによる住民参加有償サービス「しおりんお助け隊」についての実践報告を聞きました。

県道路整備期成同盟会総会へ

f:id:biz-m:20170915092111j:plain長野県道路整備期成同盟会の総会のため長野市へ。危機管理建設委員ということで、お招きいただいています。

会長は県議会議長で、市長会長や町村会長が副会長だということで、県内道路整備が進むように開催されてきていると思います。

来賓挨拶した武田りょうすけ参議院議員は、先日の長野市内の集中豪雨災害の視察しての道路整備の重要さを強調されました。


その後、塩尻に戻って赤旗新聞の集金にまわり、夕方はこれから協立病院の理事会で松本市内です。

途中立ち寄った生涯学習推進センターには星ナビが‼️購読されているんですね〜(=^x^=)

これで水源が守られるのか?・・リニアトンネル工事から水源守れ❗️

29日、県庁でのリニア中央新幹線による南木曽町の水道水源保全地区における事前協議に関する専門委員会の傍聴へ。山口県議や坂本南木曽町議も出席されていました。

県条例で水源保全地区に指定された南木曽町妻籠水道水源保全地区の下をリニア中央新幹線中央アルプストンネル(23.3キロ)が通ることについて、水道水源に対しての影響が懸念されています。

6月議会でも取り上げましたが、活断層の破砕帯上の脆弱な地質での水源です。私たちも見学しましたが、現地視察もされた専門委員の皆さんの議論の様子を傍聴しておきたいと思いました。

いくつかの資料を元に、専門家の皆さんから質問が出され、これに対し県やJR東海の担当者が答えるのですが、終わり際になって専門委員会の委員長の眞柄泰基氏(全国簡易水道協議会相談役)が「現状の全湧出量もとっていないし、今の段階で取れるデータはとっておく事は必要だが、坑内に出る水はどこの水なのかわからない。湧水は浅層の水で深層の水では無い事はわかっている(?)から、万が一の時には他の水源から簡水にまわすことが可能かどうか検討しておくことが必要」と発言(要約)し、これに地下水分野の西垣誠氏(岡山大学特任教授)も「代替地はないのか」と賛意を示す発言。

現在の保護指定された水源への影響をどう評価するかのための専門家の委員会であると思っていたが、急に結論めいたものを発言された。

これではリニアという国家「的」事業にあってはアセスをやる意味もないという事なのか?唖然としました。

余りに唐突な結論に近づけようとする発言に何か意図的なものを感じたのは私だけではないと思いました。今後この専門家委員会は注視しなければなりません。