びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

ほたる祭りへ

f:id:biz-m:20180703191952j:image

昨夕は東地区恒例の「ほたると音楽の夕べ」に参加しました。もう12回目ですが、あいにくの天候で屋内で開会式。「ホタルの見える環境は星空も見える環境。これまでこうした環境を守ってくれてありがとう❗️そして、今年は15年ぶりの火星大接近で、8/10には信大の三澤透先生のお話が聞けます。(三澤元市長の甥子さん)ホタルと星空の見える環境を大切にしましょう〜」などなどご挨拶。

 

私も第一回目から、星空ガイドを担当してきましたが、ホタルと金星、木星土星、火星なんかも見れたかもしれません。さすがに今回は望遠鏡の準備もしませんでした(ToT)

消防団ポンプ操法大会へ

f:id:biz-m:20180703123545j:image
f:id:biz-m:20180703123538j:image

塩尻市消防団ポンプ操法大会が行われています。近年は消防・防火に加え、頻発する自然災害への対応に加え、先日も発生してしまいましたが、高齢の行方不明者捜索等にも協力していただき、地域の護り手としての役割が一段と求められています。

日頃の練習の成果が発揮されるよう期待しています。

障がい者スポーツ大会へ

f:id:biz-m:20180703123247j:image

今年の松本・塩尻安曇野東筑の合同障がい者スポーツ大会の開会式です。ラジオ体操でウォーミングアップ。皆さん頑張ってー。

もう何回も参加させていただいていますが、開会式典はかなりシンプルになってきて、長い挨拶もなくなりました(=^x^=)

ボランティアの皆さんも含めて400人近い参加者で、今年は塩尻の皆さんが担当されています。

いつも就労事業所の皆さんの作られた商品をお土産にいただき恐縮です。とても機能的でカラフルで使わせていただいています。

車のマスコット(これは障がい者バザーでの購入品) にしてきた、15年ものの手作りばいきんまんも愛車3代にわたって飾ってます。黒ネコと。

金井忠一県知事予定候補の事務所開きへ

f:id:biz-m:20180703122957j:image
f:id:biz-m:20180703123009j:image
f:id:biz-m:20180703123004j:image

長野県知事予定候補の金井忠一さんの事務所開きが長野市役所お隣のビルで行われました。

安倍政権に追随する現知事に対して、県民に寄り添う立場を力強く表明されました。

それにしてもこんなに笑いも入る演説会は初めて(=^x^=)

必勝団結頑張ろう‼︎も力入りました〜

母校の同窓会報に記事が掲載されました

f:id:biz-m:20180703081004j:image母校、松本県ヶ丘高校の同窓会報に、地学部OB会の紹介記事の依頼が2月議会中にありました。所属していた天文班を中心に書き書き💦。

忙しかったけどなんとか期日に間に合い、この度掲載していただきました。

f:id:biz-m:20180703080057j:image
f:id:biz-m:20180703080053j:image

色々と書きたかったのですが、字数の制限もあり、妻からも添削入れてもらってメールで送信させていただきました。

f:id:biz-m:20180703080406j:image

地学部「命」‼️の3年間でした。その後部員はそれぞれの方向へと進み、天文など職業にしているメンバーはいない(と思います)。が、相変わらず私は太陽の観測(撮影ですが)はライフワークとしてやって行きたいと思っています。(それにしても太陽活動低迷してます。いつ復活してくるのでしょう?)

7月1日にはOB会総会が松本であります。OB・OGの皆さんのご参加お待ちしています(=^x^=)

米朝首脳会談に期待

f:id:biz-m:20180703075145j:image

シンガポールで歴史的な米朝首脳会談が続いています。非核化や朝鮮戦争終結など、一つ一つ対話による平和的解決に期待したいと思います。

f:id:biz-m:20180703074715j:image

1年以上前にもらった子ども(娘)からのプレゼント。嬉しいのですが、やっと付けるところが見つかりました。今日は車の点検へ。

議会前の知事申し入れ

f:id:biz-m:20180703074446j:image
f:id:biz-m:20180703074450j:image

6月県議会を前にした6項目の知事申し入れ。

私は2月県会の代表質問で取り上げた、国保の保険料で子どもの人数が多いほど高くなることから、均等割から子どもを除外することについて求めました。

この度小海町では18歳以下ので3人以上の子どもがいる場合3人目からは均等割を課さない方向であることから、子育て世帯を支援する上で市町村と協議の場を設けて行くことを提案しました。5月に全国知事会から国に求めているとの答弁でした。