びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

教育問題

定時制通信制高校のあり方を考える長野県ネットワーク

25日、8回目を迎える上記ネットワークの会議が塩尻市内であり参加した。 この間、統廃合された、木曽や、多部制・単位制に移行した松本筑摩や、この間の議会でも私達が存続を主張してきた上伊那農業定時制関係者などとともに県下各地からの定時制通信制の関…

ゆったりとした自分探しと夢の実現・・鹿児島県立開陽高校

2日は単位制高校として設置された、鹿児島県立開陽高校を視察した。 鹿児島県は離島を抱える県として、山々に地域が物理的に阻まれている長野県と似ている。ここに、単位制高の全日制と定時制と通信制の3課程を設置している。それぞれ200人、120人、…

平和について考える・・知覧特攻平和会館視察

1日は宮崎県の視察の後に鹿児島県に入り、知覧町の特攻平和記念館を視察した。 昭和17年、知覧町に大刀洗陸軍飛行学校知覧分校が設置され、戦況が深刻になった20年には本土最南端の航空基地として、特攻基地となった。沖縄まで650キロ。この地から飛…

こうも違う!宮崎の高校再編

11月1日視察二日目。宮崎県庁を訪れ、教育委員会から宮崎県の高校再編と中高一貫校について伺う。 宮崎県というと東国原知事だが、この日は国交省に行っていたことを後に新聞で知る。 イーグルスのホテルカリフォルニアのレコードジャケットにそっくりだ…

第3回私学のつどいに参加

午前中はいくつかの敬老会や文化祭に伺い挨拶させていただく。 午後からは松本大学で開催された第3回私学のつどいに県議団を代表して出席した。 このつどいは教育費の公私間格差をなくして私学助成の拡充を実現させるために学校の枠組みを超えて開かれてい…

上伊那農業定時制存続の陳情はまたも継続へ・・文教委員会での採決

11日、文教企業委員会3日目、一連の議案と陳情の採決が行われた。補正予算関係は全会一致で議決された。これは保育対策等促進事業補助金としての1億1488万円余。私達県議団が要望していた、地域における子育て親子の交流や、病児や病後児保育事業と…

教育7団体陳情、助産院へ

明日から一般質問の1日、朝から教育7団体の県教委、議長への陳情に同席させていただく。 旧11通学区は高校入試が激戦区で昨年の後期選抜試験では250人の不合格者を出している。しかも一昨年と比較しても、隣接通学区への流出は減少した一方で11通学区にとど…

岡谷東高校のより良い学校づくりをすすめる秋のつどい

22日岡谷東高校での上記取り組みが行われ参加した。 地域に根ざした魅力あふれる東高づくりに向けた新たな取り組みとして行われ、午前中は公開授業、午後は立川談慶氏を招いての講演。その後19のテーマに分かれての全校PTS(保護者、教員、生徒)による…

炎天下の小学校運動会

22日、秋の運動会たけなわ。娘の小学校にまず出席。 朝から娘も興奮気味で、いつもより早く登校して張り切っている様子。 開会式直後の競技のクラス全員のリレーなのだが、走るコースが二通りあって、通常のトラックのコースとその内側の短いコースを走る…

市内小中学校の卒業式へ

15、16日市内小中学校の卒業式が行われ出席した。 私は母校の式に参加した。宗賀小では卒業生が56名で2クラス。30人学級がおこなわれる前から少人数学級になっている。みんなきりりとして制服に身を包みこれからの中学校生活に不安と期待を抱きながら巣立っ…

SOデー記念フロアホッケー大会、市スポーツ少年団指揮者との懇談会にて

23日、朝は市内のミニバレーボール大会開会式。その後SOデー記念フロアホッケー大会が松本歯科大学であり参加した。 250名近くの子どもから大人まで、知的障がいのある人も一般の人も混じっての競技をおこなうというもの。QUEENの「Iwas born to lov…

教育基本法改悪特別委員会与党強行に抗議 多部制・単位制高校への移行の調査 等

16日、早朝、塩尻駅前で鈴木明子市議と昨日の衆議院教育基本法特別委員会での与党単独での強行採決に抗議しての宣伝を行った。 この間、度重なるいじめ自殺問題、タウンミーティングでのやらせ質問、そして報酬の支払いなど何ひとつ解明が進んでいない中で…

今日は後期選抜試験の日。高校改革のあるべき姿とは・・・?

2月議会、代表・一般質問が行われてきているが、高校再編については多くの議員が取り上げてきているが、19年一斉スタートには拙速、私たちも、合意のできているところはスタートしても、そうには至っていない地域では進めるべきではないと考えている。 特に…

子どもたちもくぎ付け・・・天文学者のお話

19日、地元の西小学校の開校50周年記念行事があり出席。記念講演ではペンシルバニア州立大学の天文・天体物理学科研究員をされている、長野県出身の三澤透先生(校長先生の甥っ子さん!)による「宇宙の果てを目指す旅」と題した講演を聞く機会を得て、これ…