びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

弱肉強食の格差社会を変えて

20日は早朝からの宣伝を鈴木明子議員と定時定点の宣伝をおこなった。
 以前は一人でやっていることが多かったが、今日で市議会も終わるということで、早朝宣伝をおこなった。なかなか寒かったが、車から手を振ってくれたりクラクションを鳴らして合図してくれたりで反応が返ってくる。
 それから中小企業の皆さんのところを挨拶で周り、ある経営者は「小泉内閣で格差がいっそうひどくなり、一握りの大企業ばかり儲かるようにして、中小の経営者は給与を社員に払うのに四苦八苦している。共産党が伸びてなんとかしてほしい。民主党は根は自民と一緒だ」とも話された。「今どの階層も競争によって格差の拡大と、そのための弱肉強食の状態が続き、世の中が荒んでいる」と話された。「子どもたちの教育もそうですようね。競争をいっそう煽る全国一斉学力テストが行われようとしており、これなども大人社会の生き写しですよね」と。贅沢はしなくても安心して暮らしていける、そしてゆとりのある社会を作っていかなくてはならないと改めて感じた。