びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

農業?アパート業?

21日、午前中から地域の挨拶まわりを行う。どちらのお宅も、知事が穴あきダムを選択したことに対しての不信感をあらわにされる。むしろ生活を何とかしてほしいという声が出される。
あるお宅では、有機農法を行ってきているが、良質な作物を作り販売は伸びているが、資材費などを除くと手取りはごくわずか。高齢化もすすみ、何のために農業をしているのかわからなくなると語られた。国の農政がおかしい。もっと農業を大切にし、食料自給率を上げ、農業者がやっていかれるようにしてほしい。と語られた。町場で農業をやってきたが、農協は農業よりもむしろ不動産業に進出して、農家にアパート経営をすすめて優良農地をアパート地帯へと変えてきた。このお宅の周りはアパートだらけ。しかし、今は空き家が目立つ。そういえば我が家も亡父が生前にアパート建設を持ちかけられて田んぼがいつの間にかアパートへと変わった。今は空室も目立ち、しかも老朽化への対応も迫られて、家賃収入から借入金の返済をすれば何のためにアパートを始めたのか?と思えてしまう。今こういった農家が多くなっているのだと思う。人口増が望めず、入居者が居なければ、アパート建設の返済計画が狂ってしまう農家が今後続出すると思う。農家が農業で生活できる政治に変えることが必要だ。