びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

初の文教企業委員会

5月30日、今期、初の文教企業委員会に出席。
高校改革については6月14日の教育委員会で一定の方向を打ち出して行くこと。それにあたっては地域住民の合意を大事にしてくことなどが説明された。
 私は高校改革については、特に旧11通学区では松本の私立2校の合併により、生徒の進学先が狭まれることと、今年でも隣接の岡谷の高校に2クラス分の生徒が通学するようになり、これが私立の募集数が減少すれば、より一層岡谷市内の高校が激戦になる可能性があることも予想されるがこれらの新たな状況の変化にも対処し慎重に対応をしてほしいことなどを質問し要望した。
 また4月24日に行なわれた、全国一斉学力テストのデータの取り扱いについて、NTTデータサービスやベネッセなどの企業データ集計する中で、個人情報の取り扱いに注意することとと、データの公開は行なわないことを再度確認させていただいた。この問題は国の問題が大きいが。95億円もかけて、データを企業が握るという異常な状態でおこなわれたことからも、データの取り扱いは慎重にしてほしいことを要望した。