びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

市消防団ポンプ操法大会、中野さなえさんと宣伝

10日、市消防団ポンプ操法・ラッパ吹奏大会があり出席する。
火災のみならず、さまざまな災害や行方不明者の捜索など、幅広い支援活動も求められている。昨年も平成16年の際にも大雨、土砂災害などの時にも地元地域に根ざした活動には頭が下がる。私と同年齢のみなさんが多く、仕事のうえでも親や子どもなどの家族を支えていく上でもいわゆる大黒柱になっている年齢層のみなさんである。最近は地域の交流が乏しくなっていることや、少子化のあおりをうけて団員のなり手が不足している。
 来賓同士で話をしていても、かつては青年も多く、一家で次男三男は団に入れなかったというほどであったそうである。県では消防団を擁する事業所に対して減税などの処置を行い、団員の皆さんの処遇改善に結びつかせるよう努力もおこなってはいるが、急な火災などの時にどれだけの民間事業所の協力が得られているのかなど課題は山積である。(市役所職員が団員でいてくれていることも助かっている)
消防局の大規模な増員などが望めない中で一層の期待が高められている。
大会の結果はポンプ車、小型ポンプの部共々私の地元の団が優勝になり、松本地域の大会に出場となったことは嬉しいことである。
 
 その後夕方から大会の慰労会がおこなわれたが、途中で退席させていただき、塩尻を街頭宣伝のために訪れた参議院予定候補の中野さなえさんの宣伝カーに乗って、私もイトーヨーカドー前で宣伝に加わった。中野さんは午後行なわれた岡谷市での演説会を終えて駆けつけていただいたが、小柄であっても疲れひとつ感じさせず、わかりやすい演説を行なって、多くのドライバーのみなさんから声援を受け、私も力が湧いてきた。