びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

医師不足深刻・・南信州広域連合と懇談


南信州広域連合と
6日、21人になった飯伊の党地方議員団が南信州広域連合の幹部のみなさんと懇談を行なうということで、私たち県議団7人も南信州地域の視察とあわせて飯田消費生活センターにて同席させていただいた。
 私は昨日の喬木村での県消防ポンプ操法大会に引き続き、こちらを訪問させていただくことに。
 懇談では一般ごみの問題、特別養護老人ホーム、高校再編問題、医師不足問題、ガソリンの高騰問題など多岐にわたった問題を取り上げ、同地域も山間地で、県庁とも首都圏とも遠隔地であることからも、県内はほとんど地域でも同様の問題があがるが、どの問題も立地的な条件の制約が避けられない地域課題を含んでいる。
 広域連合長の牧野飯田市長、副連合長の吉川豊丘村長、伊藤下條村長も丁寧に応えてくださり、また県に対してのご要望もいただいた。2時間という時間はあっという間であった。
 初の取り組みだそうだが、こういった取り組みを通し、自立でがんばる小規模自治体も多く、そこでの住民意見を携えた党議員と広域連合との懇談はお互いの立場を尊重しつつ、住民の住みやすい地域づくりのためにお互い励むことが大切であると感じた。その後、市町村会議員のみなさんと懇談したが、ほぼすべての自治体に地域で頑張る党議員が存在していることは本当に心強いことであると痛感した。
 7日は飯田児童相談所飯田市立病院、下伊那日赤病院を視察する予定。私と毛利議員は出席できないので、飯田市内で夕食をとりながらの団会議後帰宅した。