びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

炎天下の小学校運動会

22日、秋の運動会たけなわ。娘の小学校にまず出席。
 朝から娘も興奮気味で、いつもより早く登校して張り切っている様子。
 開会式直後の競技のクラス全員のリレーなのだが、走るコースが二通りあって、通常のトラックのコースとその内側の短いコースを走るのでどこが一番早いのか最後までわからないユニークなリレーだった。いったいうちの娘たちは何位だったんだろう?

 来賓といっても保護者でもあるので、最初だけ席に着いて、あとは観戦としたかったのだが、いろいろな人とも話ていたら、次の学校に行くのにも時間がかかってしまった。でも、教育関係者の方との話では「全国いっせい学力テスト」のデータの取り扱いに現場が一番苦慮されているとのこと。県は公表しないといっても、現場にいる各学校や市教委での対応が一番の課題となっていると。競争に拍車をかけるような制度が当たり前のように小泉「改革」で国民が踊らされてきている。と、格差と貧困の拡大がいつの間にか固定化されようとして、一番そうであってはならない教育に持ち込まれようとしていることは問題だ。と同感。
 その後はいくつかの小学校の運動会、また地元の県農業試験場の一般公開会場に行ったりして、午後からは岡谷東高校の「より良い学校づくりをすすめる9.22秋のつどい」に参加。