びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

教育7団体陳情、助産院へ

 明日から一般質問の1日、朝から教育7団体の県教委、議長への陳情に同席させていただく。
 旧11通学区は高校入試が激戦区で昨年の後期選抜試験では250人の不合格者を出している。しかも一昨年と比較しても、隣接通学区への流出は減少した一方で11通学区にとどまる生徒は80人増えている。
 こうした中、来春から松本市内の私立高校の統廃合が行われ、約150人の行き先が宙に浮くことになる。  私は委員会でも取り上げたが、親の収入が上がらない中、公立高校の役割が大となっており、募集人員の拡大が必要である。しかし、全県での公私の比率で検討ということであった。こういった特殊な事情がある地域の要望は非常に強く、いつもより多くの7団体関係者が集まっての教育委員会、県議会議長への陳情となった。
 
 その後団会議で一般質問の打ち合わせを行い、午後からは、石坂団長、毛利、和田議員とともに県内の産科医療の改善についての調査で、助産師の活用をいかにはかるか伺いに実践を行っている長野市内の助産院を訪問していろいろと現状の問題点や、他県での助産師のためのセミナーなどの開催状況等の貴重な情報もいただいた。

 
浅川

 写真はその後行って見た、管理が放置され背丈にもなる草木が生い茂り和田県議も見えなくなる浅川