びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

信大病院へ、あちこちの病院へ


信大キャンパス 30日、信大病院へ通院した。といっても4歳の時に手術した脚の年一回の定期受診なので、どうといったことはありません。もう40年以上通っていることになります。でも選挙の後は痛んだりもしてたのですが。




信大医学部前
 ちょうど、恩師の勝山院長がお部屋に入られるところに出くわしたので、先日の癌対策議連で議員みんなで伺ったことも含めて挨拶に。ちょうど今度、12月8日の午後に信大医学部で行われる、医師確保の集会のお話もさせていただいた。

 続いて主治医の先生の診察では病気の話というよりも、医師不足の問題について、外来が混んでいるにもかかわらず、お話しいただいてしまい恐縮。とある大学医学部では教授と助(准)教授しかいない麻酔科があるとも・・・。
 本当に大変なのことです。12月8日の集会の紹介もさせていただきました。脚は全然問題ないとのこと。

 大学病院は朝、駐車場が大混雑で入れず、結局美須々の市営駐車場から歩いて行ったのですが、久しぶりに20年前に学んだ信大の教養部や理学部、そして医学部、大学生協やサークルなどの立看板の林立するキャンパスを歩いた。病院の待合では大学の同級生に偶然ばったり。彼女は子育てが一段落なのか、中央検査部で生理検査(エコーや心電図などのこと)を担当しているという。なんだか20代に戻った感じ。

 その後ハンセン病問題に取り組む方と懇談し、知り合いの入院先にお見舞いに松本市内の病院を転々と。そういえば昨日の夕方はインフルエンザの予防接種で病院に行ってたが、昨日から病院三昧のここ二日である。