びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

塩尻市新年祝賀会にて

4日、市の新年祝賀会が開かれ出席した。
市長はじめ何人もの年頭の挨拶がされた。
商工農業者を代表した農協理事長の挨拶は痛烈な政府与党批判で、切実な声であった。「国の農政は小規模農家を支援せず、社会保障は高齢者を排除、そして、原油高騰対策には実効性に乏しく、今こそ燃料の暫定税率をこの時期だけでも延期せずに無くさせるべきだ」と述べられた。私と同感。

 祝賀会の後にいくつかの地区の新年会に顔を出させていただき挨拶。先ほどの理事長のいる地域の挨拶では「先ほどの市の新年祝賀会での農協理事長の挨拶の通り」と挨拶したら、歓声が上がった。
 私は引き続き、原油高騰対策を進めてきていることや、農業者にもっと活用してもらいたい免税軽油の手続きの簡素化など求めて議会質問を行ったことなどを話させていただき、もっと頑張ってと応援をいただいた。「今一番困っているところに光を当てるのが政治の役割。今まで地元の自民党代議士に何度も言ってきたが、一向に聞く耳を持たない」とまで言われ、このままでは自民党離れをいちだんと招くし、公明党もいつまでもこのままではいかないとは同感であった。
早期の国会解散総選挙が待ち遠しい。