びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

一転銀世界へ・・

 12日、昨日の雨が一転して霙(みぞれ)になり、雪に見舞われ、あたり一面銀世界になった。

 午後からの塩尻地域若者サポートステーションCANが開催した若者自立支援講演会が行われ、東大社会科学研究所の玄田有史教授の「子どもがニートになったら」と題した講演を聴いた。

 私も議会で取り上げるのにどうしても、ニートフリーターをネガティブなものとしてとらえがちなのだが、ただ「頑張って」とか「大丈夫か?」と期待や不安を助長するような対応ではなく、「大丈夫だよ!」と自分が壁にぶつかった時の経験を話してあげることが大切であることが語られた。

 私は1時間ほどしか聴講できなかったが、ほぼ同年代である玄田教授は、自らの子ども時代のテレビ番組などの時世のことも触れられたり、なるほどなと思えるエピソードも話され聞きやすい内容に感じた。

 その後は一緒に参加していた妻に聞いたが、質問の中身も良かったと。
 全体では50名ほどの参加かと思うが、私の中学校時代の恩師や、息子達が学校でお世話になった先生方も聴講されており、この問題の先がなかなか見えず、どうしても他との比較をしてしまいがちな中、親はもちろんのこと教員、そして若者の参加が得られるよう、もっと私も誘いあって行けばよかった。

 その後は市内の精神障害者グループホームの地域活動支援センターへの移行についての準備会へ参加した。