びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

山の子保育園30周年


山の子 17日午前、私達家族がお世話になった松本のかつて無認可保育所であった、山の子保育園の30周年記念の式典に出席。
 昨年、長年の保護者の願いがかなって認可園になったが、認可園には認可園の「しばり」があったりするという。
 かつて長男、次男がお世話になっていた頃は、夫婦共々病院勤めで、妻が夜勤に入ると、子ども達のお弁当つくり、送り、準夜勤務のときにはお迎え、そして日祭日が不規則で、私の病院検査のポケベル拘束と重ならないようにすることに神経を使った。未満児の時には下の子をおんぶして検査したり・・。休日には父子3人で松本のアルプス公園に行って過ごしたことも。あの頃の写真が一番多い・・。

 塩尻に戻っても通い続け、そんな中、保育園のお迎えをしての帰宅途中にポケベルが鳴って、そのまんま病院へ戻ったことも。
 軽のワンボックスカーで山麓線をひた走り、父子3人で保育園で覚えた歌を歌って帰ったり、そのときに見えた百武彗星やへールボップ彗星も3人で見たり。(もう覚えていないだろうなあ・・)

 ステージではあの時息子達と歌って帰った歌が園の子ども達によって歌われ、あのときにお世話になった先生たちや、一緒にバザーで四苦八苦して先生達のボーナスや運営費を産み出してきた仲間の面々にも会ったり懐かしい時間を過ごした。今でもあの木造園舎で裸足で元気に走っているんだろうな。子どもたちも親たちもみんな元気に育ちあってほしい。
 

雪降り
 その後、長野へ車で飛んでから、和田県議と事務局員の土屋さんと一緒に石川県の調査のため、金沢市に来ている。今は部屋で議会準備もしながら書いている。雪は多くはないが、北陸本線サンダーバードは25分も遅れた。
 先ほどまで党石川県議の尾西洋子議員にもお会いし、石川県のことや、明日の行政に伺うことなどについてもお話いただいた。