びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

大雪の中飯山市と栄村へ

 23日は長野市県立高校の発展と存続を願う会の6回総会が長野市内で開かれ、毛利、和田両県議と出席。私は党県議団を代表して、今年に入ってからの高校再編の現状と連帯の挨拶をさせていただいた。全部で12人の県議の出席であったが、挨拶が終わると私たちの団以外はほとんど退席していた。

 24日は一旦塩尻に戻っていたが、再度調査のため飯山市と栄村の方々のお宅を伺った。
 23日に戻るときにも長野市が大雪になりつつあったが、24日は高速で事故があり、豊科ICからは国道19号で長野に入り、長野ICから飯山へと向かった。十分に時間をとったつもりが、約30分遅れに。

 伝統工芸の内山紙の現状などをうかがい、さらに雪の深い栄村に。1メートル以上の雪の中、伝統工芸士でもあり党村議の広瀬さんに内山紙をすく技術や後継者問題等伺った。
 最初どのお宅が目的地かわからず困ったが、そうはいっても18年の豪雪災害の時よりはいいだろうと思って向かったが、どうにも雪深い!。

 帰りの高速は途中まで良かったが、地吹雪で一瞬まったく視界が無くなったときには背筋が寒くなった。命拾いしながら幸い帰ってくることができたが、なんだかんだで往復300キロを超えた・・。