びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

人間ドックへ、マイケルムーア「シッコ」のDVD購入

 17日、人間ドックをかつて働いた病院で受けた。
働いていたころは簡単に受けることができたので、改めて受診すると面倒くさいのだが、一通りの項目の検査を行い、再度説明を受ける日を決め帰宅。どうも何回やっても胃カメラは苦手で、ぐったり・・・。

 マイケルムーアの「シッコ」DVDが発売され、早速ネットで購入してみた。2枚組みだがネット検索すると結構安価で購入できました。

 この中で本編ディスクともう一枚特典ディスクがあるのだが、本編は2度見たので、特典の方を見てみた。

 これには未公開のカットと、出演者などのインタビューが入っているのだが、このインタビューに、映画に出演していた、元英国国会議員のトニー・ベンとやはり出演しているキューバ人女性医師アレイダ・ガベラ(故ゲバラの娘さん)のインタビューがあって印象的。

 トニー・ベンは社会保障の重視について、その世界観に触れて、「マルクスは世界観を分析し、進むべき方向を指し示している」そして「知識人はマルクスを学ぶべき」とはっきりと言っている、そして「英国の社会主義社会はチャベスの率いる、ベネズエラのような柔軟なものをめざすべき」と語っている。

 キューバ人女性医師の語るキューバの医療観、医師としての医師観というか医療倫理観は素晴しく語られている。
 本編を見た方はこちらも見ることをお勧めします。