びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

横暴なやり方に抗議!

 12日は高等学校改革プラン研究会(県議会各会派の委員で構成)が開催され、教育委員会から「高等学校再編計画の骨子案の要点について」の意見交換を行うということで県議会棟に行った。

 県教委から一通りの要点の説明を受け、意見交換というよりは、議員からの質問を行うという内容であった。私は特に定時制通信制高校の統廃合を、多部制・単位制高校の設置でその受け皿としようとしていることについて意見を述べた。
 上伊那農業の定時制の今春からの募集停止が、同窓会や地元市議会までも反対する中、生徒数が増えていても行われた。
 これは住民感情からもねじれており、県議会には諮られない事項とはいえ、このことをもっても、設置された箕輪進修高校や、あるいは昨年の松本筑摩の単位制・多部制の状況を検証していくべきである。
 そして、昨年上伊那定時を志望した中3生やその他の生徒さんたちがどこに進路を決めたのかなどの検証はしているのか尋ねた。
 しかし、箕輪の午前・午後に生徒が集中していることをもって上伊那定時のような夜間に通う生徒のニーズは必ずしもないという認識であった。

 多部制・単位制高校が夜間定時制高校の役割を担えるのかの結論はでていないのにもかかわらず、数の論理で効率化のために進めることは教育的な配慮を欠くものであることを指摘しておいた。

 自民党や創志会などの委員からは中高一貫校をつくってエリート養成校にすべきなどということを相変わらず要望していたが、問題は研究会が終わってからの「協議会」である。
 研究会の傍聴についての会としての賛否を村石会長(自民)が諮ったのだが、「自由な発言を保障するために非公開にすべき」と寺島委員(改革緑新)。
「以前はマスコミも入れていたし、傍聴も可能だった」と私は公開すべきと言ったが、「マスコミには会長副会長で対応すればいい」寺島・村石の各氏。「委員以外の議員の傍聴の保障は必要。会派議員にも知ってもらっておく必要がある」と村上委員(文教委員長、県ク公)これに対し「各会派から委員がでているからその委員が知らせればいい」と寺島委員。
 
 私は「以前から傍聴者を入れてきたし、(マスコミはどんどん入れてきた)これまで、県教委に情報の公開や透明性を求めてきた議会側が非公開にするのは議会改革からも後退するもの」と主張した。しかし、会長は突然「非公開にする」と一方的に決めて片付けてしまった。こんな横暴なやり方は許されない。

 県民に開かれた論議を自由に行うべきである。県民に公開されては困る「自由」な論議とはいかなるものなのか?
 長野県議会は全国一公開度が高いと評価された議会であり、このようなことが行われることは許されない。ましてや、本来の教育にかかわる議会での論議は文教委員会で行うものである。こちらは、議事録も残しているしもちろん公開である。
 研究会が非公開に教委と「意見交換」なるものを行い、議事録も公開もなされないことはこの高校改革において奥座敷=院政を敷くものに等しい。断固抗議するものである。
 具体的に会派を通じ議運にこの問題を提起するものである。