びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

第41回奈良井宿場祭・木曽漆器祭へ

 6日、41回目を迎えた奈良井宿場祭り、木曽漆器祭り、ヘラ供養の開会式に参加した。

ヘラ供養 
「祝辞を」ということで、この間の議会での伝統工芸支援の取り組み等とともに、400年にわたる木曽漆器の歴史と、奈良井の宿場の町並みを残し、維持されてきたご労苦にも感謝し、昨日触れた奈良井宿のお話(ほうば巻がおいしかった!)も交えながら、長年培ってこられたおもてなしの心と、木曽漆器の柔らか味、温かみのある漆器製品がスローライフ社会へと見直されている中、ここを訪れていただける人々の心を癒し、そして多くの方々に末永く愛されることを願ってあいさつとさせていただいた。

木曽平沢漆器祭 その後、木曽平沢、奈良井宿のお店を歩きながら、行き会う方々にご挨拶しつつ、ならい荘で開かれた「漆器に似合う料理大賞」のコンテストと祝賀会に参加した。受賞された料理は地元の食材もふんだんに使ったもので、料理研究家の山本麗子さんが解説をされた。

料理大賞 いつも注目しているのだが、この祭りは漆器職人さんたちが手作りで続けてこられ、今回司会をされたSさんの手にも漆の痕が残っており、じかに職人さんたちと触れ合う機会にもなっている。

漆器製品 その後帰り際に何軒かのお店に立ち寄り買い物も。(写真は漆器のコーヒーカップとワイン立て)また、ほうば巻もまた買ってしまった。

 その後、長野市内で7日行うごみ問題シンポジウムの講師の立正大学名誉教授の田口正巳先生と懇談を行うために、長野市に飛んだ。シンポジウムは6月7日午後1時半、長野市トイーゴにて行います、どなたでも気軽にご参加いただけます。