びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

委員会審査、エイズ問題の学習会

30日、文教委員会の審査が始まり、私のほうからは、養護学校等でのスクールバスの定員オーバーの問題、学校司書の役割等について質問。一般質問で取り上げた、特別支援教育で323人の教員不足の内訳、そして文化財保護の現状についての資料請求を行った。

昼休みには議会の地域医療対策議連で「エイズの現状を聞く学習会」を行った。私の大学時代の恩師で信大医短名誉教授で細菌・ウイルス学の山田喜紹(よしつぐ)先生の講演で、統計のデータで長野県が国内でも急増地域であることや、若年者では女性の感染が多く、高齢者では男性が多い現状(感染拡大の兆候を示している、エイズ対策をしている先進国と比較しても増加しているのは日本ぐらい)や途中にはタイなどのエイズの多発している地域の臨床症例で患者さんの写真なども交え、インパクトのある内容だった。

途中パワーポイントの調子が悪くなって写真表示がうまくいかなくなってしまったのは残念。またお話を伺いにいきます。

今回の一般質問でパネル化して利用した、長野県内の派遣労働者事業所数の推移と県の調査したデータから作成した非正規労働者の年代別年収のpdfのデータをアップします。
派遣労働者データ
非正規者年収