びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

土曜日はあちこちへ、蛍の群れも見ました。


語る会12日、午前中は中野さなえさんと地域で党を語る会に参加した。
土曜日の午前中だが、集まっていただき、この間の県議会の報告や政務調査費の使途についても話が及んだ。原油高騰など物価の高騰と後期高齢者医療への反感も強く、また地域の公共交通機関が失われる中、交通手段を持たないいわゆる交通弱者が取り残されていく。車に乗れる人は良いがこういった人たちの論理での市町村合併などが推し進められ、農山村が立ち行かなくなることへの論議が進んだ。

午後は松本で用事を済ませ、塩尻に戻ったら、健康友の会のマレットゴルフと焼肉会に参加してしばし懇談。

夕方からは、勝弦に設置されている市の天文台で中央公民館による星空観察会のガイド役として、集まった市民に星空のガイドを行った。


観望会 西に低くなった土星と火星、上弦を過ぎた月や白鳥座アルビレオなど31センチ望遠鏡をメインに双眼鏡なども使って見ていただいた。子ども連れの親子など30人は超えて、皆さんに満足いただけるのには時間が短かったかもしれないが、観望会中晴天に恵まれて良かった。
 その後メンバーとともに、蛍が見えるというみどり湖へ向かった。
22時半という時間で、ピーク時間は過ぎたがそれでも樹木の中や葉だけになった水芭蕉のところに飛んでいる蛍を見ることができ感激。

強い水銀灯を避けるようにひっそりとほのかな光を放ちながら群れていたが、蛍の乱舞できる環境を取り戻さなければならない。それはいずれ人間にかえってくるのだから。