びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

教員の採用問題・・地元事務所の開設へ

17日、塩尻市内での私の事務所にと以前から借用し始めていたが、ようやく、議会も終わったことから、柴田・鈴木両市議、事務局のみなさんにもお手伝いいただき、掃除をして使える状態にまでにしました。(もちろん政務調査費の投入はありません)
中心市街地の一角ですが、以前の選挙事務所は大通りに面していたのですが、今回は少し入ったところですが、事務所としてはとても良いところです。
これからの維持が大変ですが、誰もが困ったときに(そうでなくても)立ち寄っていただける事務所にしたいと思います。

掃除をやったといっても、ほとんどお手伝いのみなさんにお願いし、私は電気や水道、そして電話の移転などの手続きに終われておりましたが・・、そんな時に結構、マスコミの皆さんから携帯に連絡が入った。

例の大分県の教員採用における汚職についてのアンケートで「実際に県教委から連絡をうけるような(口利きですよね)ことはあったか」とか「連絡をうけたことはあるか」とか「そういったことがあることは聞いたことはあるか」など聞かれ、私はそういったことはないが、投書では人事等における苦情をいただいていることなど答えた。
教育委員会での発表では「(依頼した)県議に合否の連絡を入れていたが、問題はない」と言っているようですが、問題は大きいと思う。

一時期、県議からの口利きなどのチェックと報告の体制がとられた時期があったが、職員が報告書作りに忙殺されて今では全く機能していないと思うが、また以前のようになっているということか・・。