びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

市内各所の敬老会にて、後期高齢者医療制度の撤回を

14、15日は市内各所の敬老会にお招きいただき出席させていただきました。
私はあいさつさせていただき、「後期高齢者医療制度は白紙撤回してもとに戻すべきである、今後の選挙の大きな争点にしなければなりません。」といつもよりとはっきりと政治的なあいさつで硬くて敬遠されるかなと思ったのですが、挨拶の最中に拍手が起こりました。

その後一人ひとりに話に廻ると「はっきりと言ってくれてよかった。あれは備前さんたちの党でなければやれないよ。がんばって廃止してくれ」とか「今度の選挙はいいだろう、頑張って」と何人にも激励されました。

そういえば、13日の社協主催の福祉大会での自民G代議士のあいさつは後期高齢者医療の弁解になり、話がグルグルと空回りして結局、与党が見直しをする内容を並べて予算化するから安心せよという長い挨拶になりました。
会場からの拍手もはっきりとわかるまばらなものでした。

後期高齢者医療制度の撤廃署名を集めてきた方は、まだ「それって何?という人もいた。頑張らなければ」と話してくれました