びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

地域共同の県道のカラーリングへ


カラーリング118日は朝一で軟式野球選手権大会の開会式へ。そのまま、桔梗ヶ原の県道のカラーリングを地域住民の参加で行った。
ちょうど、来週25日からはワイナリーフェスタが行われるのにあわせて、観光客も含めて歩行者の安全確保のためにも時期を早めて行った。

葡萄ペイント地域住民との共同作業であり、しかも葡萄の里である。ちょうど歩道に葡萄の型紙を置いて、葡萄のイラストもペイントした。
10月とはいえかなり暑くなったのと716mという長い距離を4区間に分けてはあるが、長い距離で大変だったと思う。参加されたみなさんお疲れ様でした。

 午後は松商学園創立110周年記念式典が行われ松本へ。記念講演では白鳳大学教授で政治学者の福岡政行さんの「混迷する政治、不安だらけの社会、そして未来を創る若者」と題した講演を聞いた。国会の解散時期について、今後株の暴落が再度起きない限り、今月末の25日か26日に秋葉原で首相が街頭演説してから解散し、来月30日投票となるとはっきりと言われていた。本人は来年に回した方が良いのだがと付け加えていましたが。
 その後は塩尻に戻って暗くなるまで、選挙用のポスター貼り。