びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

党への支持をお願いして

 20日は議会報告の原稿を仕上げながら、同時平行で私の地元版ニュースのびぜんニュースの原稿作成もおこないつつ、半日デスクワーク、といっても中々集中できないので、午後からはポスター貼りに飛び出て、あちらこちらとお願いに回った。
 久々に伺ったお宅では父親がでてきて、「もう自民はだめだ」といいつつ、「政権交代たって民主にも任せられない。」と憲法の問題でもむしろ危険な対応をしている民主にも任せられないと。後期高齢者医療でも年金からの天引きが何万にもなって、こんなの民主も社民も賛成してきただろう」とよく理解されている。「共産党に頑張ってもらいたい」と期待されつつ、「ポスターももっと遠慮しないで門柱近くに貼っていけ」と激励された。山間はすぐに日が暮れて暗かったが、しっかりと貼らせていただきました。

 その後市議時代によく伺っていた山間の大農家のお宅ではおばあちゃんに久しぶりに会うことができ、「うちはずっと前からここに入れているでね」と私の差し出したパンフを指差して言われた。ご高齢になられて(実は私の顔は忘れてたご様子)いても、ちゃんと党名は忘れないでいてくれることにも感謝し、真っ暗な夜道をポスター片手に走り回った。