びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

質問直前、長野労働局へ調査要請活動へ


長野労働局1日、議会一般質問直前なのだが、石坂団長と長野の特別支援学校の調査等する中、雇用問題で長野労働局に伺う。厚労省が11月28日発表した、雇用状況調査で全国で3万人余長野県では1600人もの非正規労働者の雇用が打ち切られるというショッキングな話に。11月28日にラジオのニュースを車の中で聞く中、急遽質問項目に組み入れることになり、調査することになったのだが、それが要請へと発展。

山口典久さん、中野早苗さんそして衆院各選挙区予定候補のみなさんとともに、県議団からは石坂団長と質問を準備している私も参加した。

今回の長野県のデータは全国4位ということであるが、労働局の聞き取り調査によるものであり、東京などは人口規模からいっても全然少なく、そういった意味では長野労働局はしっかりと聞き取り調査されたことにもなる。しかし、3万人という数字は氷山の一角に過ぎないと思われる。私たち共産党の調査でも、この9月期に300人もの大量解雇を行い、この12月にも100人もの派遣労働者の打ち切りが行われるという大企業の情報もある。山口さんは雇用の継続の確保や斡旋等を含めた労働相談を行うよう4項目の党の緊急要請書も手渡した。労働局では今後も定点的に調査されるというので、是非とも定期的な情報の提供もお願いさせていただいた。