びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

日曜日もあちこちへと

15日、午前中は14日の演説会に参加された方々にお礼にまわりながら、赤旗の紹介や入党のお誘いにまわった。

午後は市内レザンホールでの信濃の国フェスティバルがあり、娘は小学校で5年生から作って演奏の練習を何曲もしてきた「バンドーラ」の演奏で出演することもあり、会場から聴いた。
1、2組の6年生児童による演奏はよくそろってできたと思う。毎晩目をこすりながら練習してきた成果が発揮できたと思う。


白百合荘問題
その後は地域の体協の「そば会」にお招きをいただきつつも、安曇野市で行われた穂高白百合荘の不当労働行為に対する労働委員会が救済命令を出したことからの報告会が開催され、すぐに高速を飛ばして会場の穂高へと向かった。
藤沢議員と出席したが、担当の上條弁護士さんの報告ではほぼ労働者側の言い分を認めた形となって、雇用主側の問題点を浮き彫りにした形となったことは、大きな前進面である。ただこの命令に雇用主が従うかが問題であり、翌日からの仕事への復帰などどうなるのかの不安の声も出された。しかし、大きな前進を勝ち取った喜びは大きい。
今後社会福祉法人の社会的責任が問われるだろう。