びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

2月定例議会にて

19日、2月県議会が始まる。
2月議会は予算議会であり、知事提案の8322億円(100億円は緊急経済対策で1月臨時で前倒しで執行しているので8422億円08年度当初比+91億円、101.1%)の予算案に対しての論議が中心になるが、県立病院の独法化問題や住民生活が大変なときに、県立福祉大学校・看護専門学校、公衆衛生学校などの入学審査料を08年度に引き上げたばかりなのにこうした使用量・手数料を挙げて、不要な浅川の穴あきダム建設に09年度17億円、債務負担行為120億円の大型予算を組むことが本当に許されるのかおおいに論議しなければならない。

 本会議では佐久市長選に挑戦する柳田県議の辞職の議決とあいさつに引き続き知事らの総括説明が行われた。
柳田議員があいさつし議場を後にするときには拍手と、「また帰ってこいよー」とか「来るなよー」などの激励(?)が飛び交ったが、本会議後には我が会派にも挨拶に見え握手をしていった。