びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

予算の分析へ

23日は午前中は質問の準備で資料整理を行いつつ、午後からは長野市内で毎年毎回おこなってきている会派での予算分析を行い、夕食をとって懇談。

三位一体改革」路線以来、国は地方交付税を抑制し続け、あくまで借金である臨時財政対策債の活用を国指導で増やしてきた。そして国は地方交付税を増やすといっても交付税で補填されることなくきており、とうとう借金は県民1人あたり100万円の大台に。こんな時に浅川ダムを作っている場合か・・?

100年に一度の大不況の時に、100年の一度の洪水調整(できるか大いに疑問)用の浅川ダムを借金までして作るよりも子どもの医療費の無料の拡大をすべきだ。ましてや手数料を上げたり、12月議会で通ってしまったが、分娩料を上げるなどのバカなことするなどもっての外などなどの問題点も。