びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

東地区ほたる祭り、降雹被害調査、県薬剤師会総会へ


東地区ほたる祭り20日、3回目の東地区ほたる祭りが開催され出席。私は今年も星の会のメンバーとして天体観察会の要員も。

オープニングでは地元の子ども達による大合唱。自然博物館長によるほたるの話、プラネタリウムソフトでの星空解説。

東ほたる祭り2
毎年なんとか少しは晴れ間があったのですが、今年は絶望的で私は望遠鏡を持っていったのですが設置する間もなく小雨に。
質問準備もあるので早々に帰宅。会のメンバーによれば蛍は見えたとのこと。博物館長曰く、ここの蛍は地元産の自然発生でとても価値の高いものだそうです。また見に行こう。

降雹被害3
21日、降雹被害のあった地域を雨模様であったが、地元の農家の方とまわった。ネクタリン、ナシ、リンゴ、もろこし、ねぎ、そしてレタスは特に深刻。

降雹被害4ナシ、リンゴも点状の斑点ができて凹んでいて売り物にならないと。
レタスは穴だらけ。
降雹被害21反部で400ケース見込んでいたが、100ケースで被害に遭った方。表の葉を取り去って出荷してもキリが無いと、トラクターで処分してしまった方。果樹共済にも入っていても、掛け金が払いきれない。「全農からわずかばかりの補償金が出るが焼け石に水」と。

降雹被害1
天候に大きく左右され、存続の岐路にたたされる農業と農家の収入を安定化させるには所得保障が欠かせない。

午後からは千曲市で開かれた、県薬剤師会の総会があり社会衛生委員長として出席。
改正薬事法の問題点とともに、薬剤師のあり方と責務が問われるとも。
その後の懇親会もあると言われたが、質問の準備もあり、塩尻にトンボ返りで帰宅。