びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

平和行進、衛生委員会・・議会閉会

6月30日は平和行進の県庁からの出発式があり、地域経済活性化議員連盟の朝食を兼ねた勉強会に出席しつつ、そちらに参加。

平和行進出発指揮
平和行進はオバマ米国大統領が4月にプラハで行った核廃絶をおこなっていくという方向転換を見せた演説を受け、唯一の被爆国民としても、国際的に核廃絶の大きなうねりを起こしていく方向に動きつつある中での行進で、6月県議会の中で、私達が議員提案で求めた核廃絶の国際条約締結に向けた取り組みを求める意見書が全会一致で採択された。初めて県議会望月議長もみえて挨拶をいただくという感動的な場面もあった。

ところで衛生委員会はインフルエンザ対策、県立病院の独法化についてや妊婦健診の問題、福祉医療費の受給者負担金の問題等が質問された。
また、請願ではヒブワクチンの早期提起予防接種化を求めるもの、肺炎球菌ワクチンの公費助成及び制度創設を求める意見書提出、などは採択され、肺炎球菌については委員会として意見書を発議した。

3日は本会議では委員長報告をさせていただき、社会衛生委員会の実務としては無事終了した。が、議員提出の意見書と請願書や陳情の提出に関し、提出の仕方について、先の社会委員会での取り扱いについてギクシャクした面はあったものの今後の提出の仕方や委員会付託にあたっての打ち合わせが必要と思われた。
が、とにかく初めての委員長の任務を完了することはできました。事務局のみなさんはじめご協力いただいたみなさんに感謝いたします。