びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

リニア新幹線の問題・平和行進


平和行進0933日の採決ではリニア新幹線について、諏訪、伊那谷周りのBルートについての県内市長OBが出した請願について賛成39、反対16になり賛成多数(私達共産党は反対)となり採択された。

私達は早急に進める課題ではないし、また、私自身もJR東海が進める事業なのであるが、莫大な電力を使い、長野県の自然を台無しにして、しかもこれから人口も増える要因もないなか、地域エゴともいわれながら(都会の方と思われる人から長野県のために7分遅らせることなどできないと議会にメールがきていましたが)、引くべき公共交通ではないと考えている。

民間になったとはいえ、「公共」交通の一翼をになうのであるなら、5.1兆円も費やすのであれば先ずもってコスト削減のために在来線の無人駅化や、冬場の暖房も真っ先に撤去してしまったことを解消させるべきである。以前、中央西線の無人駅化と冬の暖房の撤去について同社に質したら、「もうすでに高山線はそうしています」との返事だったことからも、大都会の住民の足ばかり考えず、地方の時間1本通るかわからないようなところの足の確保と安全と住民サービスにその数%を投資してもいいのではないかと思っているのだが・・。これについては一般質問の木曽選出の村上議員が実情を述べられていたと思う。
かつてのJNRからNがとれたら、利用者は大都会の人としかJRには認識されていないのではなかろうか?

平和行進09年2
4日は塩尻からの平和行進の出発式があり、3日の松本・木曽からの受け入れには議会の関係で出席できなかったが、塩尻駅前の出発式では実行委員長として挨拶した。その後塩尻のみなさんと途中まで歩いた。
真夏とも思える炎天下で、途中まででも汗だくになった。参加されたみなさんご苦労様でした。