びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

9月県議会終わる


09月県議団9日、県議会本会議が開催され、各委員長から審査報告と付託議案の採決が行われた。
補正予算については高村県議が共産党県議団を代表して問題点を指摘し改善を求めながら賛成討論した。
原稿はこちら09年09月補正討論高村
また、また請願についてはリニア中央新幹線Bルート実現に関する決議等が出されたが、私達は現時点では早急に進めるべき課題ではない立場なので反対したが、賛成多数で採択された。
また上信越自動車道4車線化事業に係る補正予算を執行停止しないことを求める意見書案には、現時点でも非常に危険であり、特に賛成討論にたった高島議員も言っていた、降雪期における運転は非常に危険である。私も冬期、上越方面から帰る途中、雪の舞う中車を走らせてると、トンネルを越えたとたん大雪になっていて、すれ違う車両(トラックとか)が雪を舞い上げて前後左右真っ白で全くどうなっているのかわからなくなったことがある。スピードは出ているし、急ブレーキは危険で踏めず、なんとか減速して事なきを得たことがある。対面通行で待避するレーンがほとんど無い中命拾いしたことからも切実な事業だと思っていることからも私達は賛成し、賛成多数で可決された。

本会議後、歯科保健推進条例(仮称)制定検討調査会の講演(県歯科医師会地域保健部副部長の山岸光男先生)「歯科=口腔保健という考え方」のを聴講し当面の日程等を決定した。

その後恒例の会派全員の議会報告用の写真撮影を議員会館横の公園で台風一過の秋空の下で行った。すっかり秋ですね。