びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

予算要望打ち合わせ、映画「沈まぬ太陽」

20日は2010年度の県予算要望案の作成のために県庁に向かい、まず、08年度決算について検討しました。
その後、夜間にかけ、市町村議員のみなさんからよせられてきたアンケートについて一つ一つ検討して予算要望に掲載していけるよう文案を作成しました。これは一晩ではできませんので21日も行います。

ところで、夕食時に県職員の一時金のことで話ているうち、いつの間にか会派のみなさんは映画「沈まぬ太陽」を鑑賞していることがわかりました。(実は私も先日観て来ました)

会社は組合運動を通し、航空機の安全運行を確保するために職員の待遇改善を求める組合執行委員長を海外へ左遷させる一方で、組合を裏切るよう会社が一方の組合幹部を工作し、二組を作らせ労働者を分断。その後企業幹部に上り詰め、結局は身を滅ぼしていく様子。

私も小説が出る前から新聞などで聞いてきたことですが、映画では会社名は伏せていますが、ほとんど実際の話といいます。

3時間半の長編ですが、時間を感じさせない、また涙を誘う大作です。

私も原著者である当人の故小倉さんの著書を購入してみました。