びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

2月議会最終日 監査委員人事

17日、長かった2月議会の最終日です。

社会衛生委員会では委員長を一年間務めさせていただきましたが、議会事務局の職員のみなさんをはじめ、委員会運営が円滑にすすむよう毎回配慮をいただき心より感謝いたします。(写真は社会委員会での様子)

委員会の人事等は簡易採決で決定される見通し。
ところで、知事提案の監査委員の選任の議案が提出されます。

それはこの間の報道でも明らかになっているように、代表監査委員を務めていた高見沢賢司氏に対して知事が「後進に道を譲ったら」と辞任をすすめた経緯があり、県知事は選任こそすれ、行政からは独立した機関の監査委員会のしかも代表委員を任期途中で解任するということは、全く知事の人事権を逸脱した行為であるからです。

 15日の申し入れの様子

このことから私達県議団は15日に知事に対し事の真意と、監査委員の選任案の提出(現総務部長の横すべり!)を再検討すべきと申し入れを行いました。
知事は「強制したわけではない。断る自由もあったはずで問題ない」と。
このような事がまかり通るようになれば、知事の意にそぐわない監査委員は任期途中でも去就を迫られかねず、監査委員の役割、また監査委員会の存在自身も否定しかねません。
こうした意味も含めて、質疑と反対討論を行う予定です。