びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

塩尻駅前交番新築落成式、地元要望で建設事務所へ

17日、午前中は塩尻駅前の交番が新築されその落成式が行われて出席しました。

県警本部長も見え、開かれた警察をアピールされるとのこと、式典後市内幼稚園児が警官の格好をして振り込めサギ防止の帽子と煎餅(振り込ま煎餅)を駅前を行く人たちに配ってセレモニーが行われました。

従来よりも交番が駅前の交差点に出てきて、より市民の安心安全のために役立つこと期待しました。

その後は9日に近くの中仙道のJRガード下での死亡事故が発生したことから、4時間通行止めになってしまいましたが、ここの狭隘なガード下の歩行者の安全と車両の通行の確保のために建設事務所長さんを訪ね、対応を要請しました。


この間、議会で取り上げ、歩道の拡幅等の対策をとってきていただいたのですが、今回はその拡幅された歩道を高齢者が自転車で通行中にバランスを崩して車道側に倒れたときに自動車に接触するという痛ましい事故でした。

議会ではこのようなJRと立体交差した幹線道路の問題箇所は県内8箇所ということでしたが、塩尻市内にはそのうち2箇所あり、そのどちらも、歩行者の安全と車道の確保の両面からの拡幅要望が出されています。
現場が切り通しで掘り込んであること、JRの盛土が脆弱であることからの費用がかさむことなど課題は山積していますが、生活道路の不備からの事故はなんとしても避けたいものです。