びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

教育7団体との懇談、市退職議員の会へ

18日、教育関係7団体のみなさんとの懇談会があり参加しました。今回は急遽小規模中学校における体育や音楽などの専科の先生が不足していることも加えられたこと(理科専科の先生不足のことも加え、調査をお願いしました)、また高校入試関係で、南安曇農業高校では志望者数が増加して不合格者を多く出すなど、こうした状況のものと普通科での前期選抜試験が選択性となるなか、専門科・特色科を進めてきている中、希望者をできるだけ多く入学させていくように定員を増やすことと、こうした高校での後期選抜には意味があるのではないかとの意見も出されました。また不登校問題が取り上げられ、その原因について私も近年の子供達の精神状況についての知見について話させていただきました。以前にも描きましたが、不登校のすべてではないが、北大の伝田教授らの文科省調査で、「うつ」の児童・生徒が思ったよりもずっと多いという調査報告からも、専門科も入れての精神的な問題からの不登校問題へのアプローチも必要であると考えます。と。
その後は塩尻市議会の退職議員の会の懇親会に参加しました。市議会は7年前に退職しましたが、現職県議をやっているので、初回にしか出席したことがなかったのですが、久々に出席したらみなさんとても歓迎してくださり、昔の市議会でのことなどいろいろとエピソードも聞くことができたり「県議選頑張れ」と激励いただき有意義な時間を過ごすことができました。