びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

総会ラッシュです

24日は各種団体の総会があって出席し、挨拶させていただきました。
国道19号の塩尻地区整備促進協議会はもうかれこれ30年近くもかかって、松本市境から塩尻の吉田から高出交差点までの事業予定区間の6.1キロのうちやっと1.9キロが4車線化になり供用開始されていますが、今年は東口がこの3月に開いた広丘駅前を中心とした野村地籍の880mについてさらに進めていくといいます。また事故の多発している九里巾交差点の改良にも取り組み、漸く約半分というところです。30年の間に人口減少に転じまた財政的にも右肩下がりな時代に入り、道路整備のあり方が問われています。とりわけ19号の塩尻松本間は他に幹線道路が未整備であり渋滞が激しく、かつ交通の要衝であることから動脈ともいえる国道です。すべてが4車線でなくても可ではないかと思いますが、通学やお年寄りの歩行に安全な歩道整備とともに、拡幅された箇所での国道を挟んだ交流の遮断に対しても配慮が必要です。

政権交代によって昨年までとは違い、長野国道事務所の事業説明は総会とは切り離して行われるようになり、同様の各地の総会でも形式だけ分離していることに不満の声が多数出されているのは聞いていましたが、本当に形だけの分離であると感じました。都会の道路とは違い、最近は生活道路である地方のこうした道路の整備まで(国の人口が大都会にシフトされ当然選出議員は都会出身ということで)一緒にされて論じられていることに違和感を感じています。
その後、安協・自家用自動車・安全運転管理の各協会の総会にも出席させていただき、まだもう一つあったのですがこちらはキャンセルで、その足で団会議のため夕方長野に向かいました。帰宅は12時近くになりました。