びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

FDA信州まつもと空港就航、うちのイヌが・・

6月に入りました。

一日は松本空港にFDA(フジドリームエアライン)が就航することになり、式典に参加しました。空港には多くの人々が集まり祝いました。
くす球割には地元の保育園児も参加し、大阪からの第一便を歓迎しました。前日のJAL最終便で大阪に行っていた副知事や塩尻の副市長や議長ら地元の自治体の代表が降りてきました。

これに先立つ5月30日には松本市内のホテルで就航記念パーティが開かれ、こちらにも参加しました。こちらも大盛況で県内の財界人や自治体首長らとともに多くの県議も参加しました。会費をとらないということもあって、私はウーロン茶だけで早々に帰宅しましたが、今後の機材の乗り入れにあたって県や地元自治体が税の負担や優遇策を導入するにあたっても問題であると思いました。

一日夕方は獣医師会松筑支部の総会があり出席しました。
昨年は社会衛生委員長ということもあって県の総会で祝辞をのべさせていただきましたが、地元支部の総会は松本の議員に任せ、獣医師のみなさんと懇談をしました。口蹄疫の問題でもちきりでしたが、具体的な県内の事例が無い中で、私も行政の対応とともにメールや週刊誌情報での疑問点なども話ました。また、以前大問題になったBSEの検査で多忙となっている食肉衛生検査所の職員の方々と懇談もできました。ちょうど私の検査技師学生時代の同級生も主婦をしながら勤務し、獣医師のみなさんの中で交じってBSE検査をしていることを聞き、彼女も頑張っているなあと感激・・。



ところで先日私のうちのオスのコーギーの「リキ」ですが、狂犬病ワクチンの接種に行った時のこと、あまりにもいうことを聞かないキカン坊なので、その獣医に去勢手術とついでに歯を削ったら?と言われたので(ちょうど長男が噛みつかれた)その松本の先生の病院で実施していただきました。どうもその時にも先生にも噛み付いたそうですが、今回の懇親会でとある先生に「それって○○先生でしょ?わざわざ松本まで来て話題になってますよ!」と。
「実はうちのイヌはしつけ教室でもトレーナーに2回も噛み付いて病院送りさせていました。よろしくお伝えください。」と。

私も手術と歯を削られていじれていたのかその後日初めて噛まれまてしまいました。今6歳ですが効果はまだ見られません。少しは大人しくなってもらいたいものです。余談でしたが・・・・。(写真は4月17日の大雪の朝のリキ)