びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

ハッピーハロウィンでプラネタリウム盛況!

30日、午前中は台風の関係で雨模様でしたが、地域のお宅を地域担当の党員の方と訪問して、リーフを渡しながらご挨拶。「よく雨降りの中ご苦労様。いつも頑張っているから応援してますよ」と何枚もリーフを受け取ってくださいます。今まで伺うことができなかった方々ですが、温かい言葉をかけてくださいます。これも地域で信頼を築いてこられている党員一人ひとりの営みは財産です。



午後は市のイベントのワイナリーフェスタやハロウィンがあり、特に私の大門事務所では、子ども達のお祭りの真っ只中でただ議員の事務所をやっても、かえってKY状態ですので、この間娘達に事務所の飾りつけもやってもらって、今日は私がプラネタリウムをプロジェクタで上映しながら生ガイドを行いました。

「トリック・オア・トリート」の時間は子ども達はお菓子をもらうのに一生懸命なので、その時間の前後に行いましたが、事務所のM君、鈴木市議がちょっと呼び込みをしてくれると何人もの親子連れが入ってきます。
「私の星座を教えて」とか子どもさんからリクエストをいただいたり、「また来年やって」とかママさんからリクエスト。「来年も議員やって、やりますよ」と。
「えっ、びぜんさん本人だったの?」と驚かれてしまいましたが、解説の中には星空の見える環境を残すことや、アンドロメダ星雲の写真を映して、「人類の生まれる前の光が、今やっとこの地球に届いているんだよ。これがすぐお隣の銀河からの光。戦争で地球がなくなったり生き物が居なくならないようにしないとね。」「太陽は膨張して地球まで飲み込んでしまうけど、あと100億年の後のことだから心配はいらないけど、その前に人間が地球を汚したり戦争で100億年よりも早く地球がなくならないようにしないといけないね」等子どもさんたちに伝わったかな?

来月にも小学校でのガイドがありますが、子ども達に地球環境の大切さ、ここに地球が存在していることの稀有なことを伝えられる大切な時間です。
全部で3クールやって喉をつかって少々くたびれたけど、充実感が湧きました。その後、手伝ってくれた子ども達と途中から仕事を終えて駆けつけてくれた妻と4人で久々に夜は外食しました。
ご協力いただいた皆さんありがとうございました。