びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

新年会が続いています

11日、午前中は地域のお宅をご挨拶しながら廻り、午後は松本での農業共済組合の新年会に参加。中信、木曽、大北地域の県議も招かれているので、多くがこの日が新年の初顔合わせにもなりました。

各自治体の首長さんが役員ですので、ここで新年のご挨拶もできますが、実はこの新年会では毎年私の高校の部活(地学部です)の後輩が息子さん、そして大学の先輩で大手臨床検査センターの科長をされている先輩が娘さんである共済会の役員さんにお会いするのが恒例になっています。

その度に息子さんの話題で天体望遠鏡や私設の天文台の話になり、私も自作していますので話しにのめりこむのですが、某T社の天体望遠鏡をわざわざ東京まで購入しに行ったこと(何で大手のN社やP社ではないんだ・・わかりませんね)など、かなりマニアックなお話をしてくれる親父さんがいます。
娘さんについても私の職業だった臨床検査の話でのめり込むのですが、なんの新年会だったかな?っと、ちゃんとTPPの問題についても話もしっかりとさせていただきました。

その後はやはり松本市内で建築関係3団体の合同新年会会場へ。県議は農業共済会の会場からほぼ横滑りという面々ですが、設計や建築士など中信地域のみなさんの集まりです。
私は現在私達共産党が自治体に働きかけて勧めている住宅リフォーム助成について紹介し、今後も県や市町村で進めていく中で少額でも、雇用仕事おこしで事業効果を上げていくことをお話させていただきました。どの人もそれは是非とも進めて欲しいと言われ、各市の建設関係の部長さんもみえていたのでお話すると、「そんなに大きな金額をかけずとも、住民の満足度の高い事業だと評価しているとも言われているので、また議会で取り上げるとお願いさせていただきました。

ところで昨年、専門学校へ進学した次男は正月も帰らずアルバイトをしていましたが、やっと半年振りに9日に我が家に戻ってきたのも束の間、友達と遊び歩いてほとんど会えませんでしたが、この日の昼にはもう帰ってしまいました。
妻とはみんなで夕飯は外食しようと言っていたのに。駅まで車で送ってやりましたが寂しいものが残ります。元気でやってくれればと後ろ姿を追いました。