びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

大企業は社会的責任を果たせ・・エプソン下請け労働者の雇用を守る集会へ


15日、安曇野市にあるエプソン下請けの安曇精工と南安精工など3社がエプソンからの一方的な仕事の発注打ち切りに遭い、労働者200人が失業に曝されるという問題で集会がもたれました。
エプソン本社のある諏訪市高島公園内に「1・15エプソンの下請け切りを許さず労働者の雇用と地域経済を守る決起集会」と題して支援団体の労働組合のみなさんが集まりました。
私は昨年の6月議会でこの問題を取り上げ、県当局に雇用の存続と親会社エプソンの下請け切りの問題を質したこともあり、今日は連帯挨拶を党県議団を代表して行いました。

原稿を一応作っていったのですが、昨年の質問の時に従業員一人ひとりがエプソン社長や下請け社長に対し「仕事に誇りを持って従事してきた」「子どもや家族をこれからどう育てていったらよいのか」と要望していたことを思い出し、つい原稿はまったく役に立ちませんでした・・・。でも良い挨拶だったと言われ、一応大役は果たせたのでしょうか。200人の労働者の後ろには800人にも及ぶ家族たちがいます。大企業は社会的責任を果たす責務があります。
全労働者の雇用が守られるよう、エプソン側も交渉の席に着く事を望むものです。