びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

語る会続けて。子宮頸がんワクチンの学習会へ

31日、入院した子どもの様子見に朝私が行き、必要なものを聞いて妻に連絡、午後は妻がその物を持っていきました。もう立ち上がっていて若いと回復も早い!

それで午前中は地域の方々を回りつつ、午後からは今日も引き続き地域での語る会を開催しました。
月曜の昼間ですがたくさんの方々にご参加いただきました。
「TPPは新聞を読んでいたら必要かと思っていたが、説明を聞いてとんでもない内容だということがわかった」「30人学級で孫たちが生き生きと輝いている。良い政策を中学生にも広げて」などさまざまなご意見をいただきました。
参加いただいたみなさんありがとうございました。


夕方は子宮頸がんワクチンの学習会を行うというので協立病院に行きました。講師は私の大学時代からの友人の産婦人科医のU先生。神奈川県で開業されていますが、松本に週一診療に来ています。以前にも分娩施設がなくなる中での対応策について伺いにいきました。
子宮頸がんワクチンは2種類あるのですが、日本で認可されているのは2種類の型のHPV用ですが、外国では4種に効くワクチンが先に認可されていること、ほぼ独占企業なので一回1万2千円という高価格なままであること、また女子中高生における集団接種が効果があるが、他のワクチン同様、圧倒的に任意接種でありせっかく効果のあるワクチンであるのに現場で課題となっていることなどもわかりました。
久々の医学の講演でしたが、病院の職員のみなさんに混じって勉強できました。その後は妻も呼んで市内で夕飯を一緒にとりました。朝一で横浜市へ帰って診療だということでしたが、同い年ですがタフだなあお医者さんて。

 励ます集い行います。
2月11日(金、祭日)午後2時〜 中信会館ベルヴィホールにて
    ピアノとチェロのアンサンブルコンサートもあります。、
    各界からの励ましもいただきます。
  どなたでも参加できます。ぜひお出かけください。