びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

救援募金と物資を送り出しました。

21日、地域をまわりつつ、今日もツルヤさんの店頭をお借りして救援募金活動を行いました。募金には子どもさんからご高齢の方々まで、特に小さな子どもさんからも協力をいただき、小さな手からこぼれ出るお金にも、とても大切な人間としての暖かさが感じられます。今日は党地区委員会に集められた、募金と救援物資を東北地方(今回は石巻)へ送り出すので、集めたお金とともに物資を2トントラックに積み込み、ドライバーのKさん、Mさんに託しました。
片道だけでも1000キロ近くあると思われますが、道中の無事を祈って送り出しました。
今日は地域のお宅をまわると、先日のカインズホーム前での募金活動に協力していただいた方かたからも、「良くやっていますね。共産党が一番早くやっていますね」とか「共産党がやっているから信頼して預けられます」等、ありがたい激励をいただきます。
私達共産党は先週、国会で一斉地方選の延期を全国一律に行うべきである。大震災で被災された方たちの救済を第一義的に行うべきであると主張しました。が、民主、自民、公明の各党の賛同を得られなかったので、先ずは東北3県の延期法案には賛成しました。
しかし、長野県でも県北部で被災され、避難生活を強いられている方々がいます。
非常に多忙ですが、被災者の救援活動を行いつつ、同時に選挙準備もしています。