びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

息子の悩みと親の悩み・・。地域をまわって

名古屋の学校に行っている次男が春休みで帰省しています。
私達親が二人とも忙しいので、あまり学校の様子を聞いていられないのですが、どうも、授業に使うパソコンが欲しい様子。
今時なのでインターネットが使いたいようですが、アパートにはその環境がありません。
通信端末も付けると、使用料も含めると結構な金額になります。
先日は彼と兄の二人分の授業料も支払ったばかり。PCは私のお下がりで我慢してもらおうかな?


さて、今日も朝宣伝をしてから、地域を挨拶まわりしました。
震災への救援活動の募金や物資を送っていることを話すと、泣きながらお話して下さる方もいました。
お身内にまだ連絡がつかない方がいるそうで、栄村の様子や被災地支援の話をすると、「そうした人に選挙で勝って出て欲しい」と激励されます。選挙自粛の話もありますが、「確かな議員が選ばれるよう政策を訴えて頑張って勝って」と応援いただきました。
訪問した私の方が目頭が熱くなってしまいました。ありがとうございました.

ところで、とうとう飲料水や野菜などの食物にまで放射性物質が検出され、暫定指標値を超える値を示しており、乳児への摂取の制限がでています。

これまで、地震が起こりやすい沿岸部に建設を進めてきた国の原子力政策の転換や、今後のエネルギー政策を根本的に見直し、特にエネルギーは太陽光や風力、小水力、バイオマスなどの自然エネルギーに依存するように、よりいっそう低(省)エネルギー環境にしていかなくてはなりません。そのためにも、私が議会で唱えてきた光害防止条例などもすすめ、24時間営業などの店舗や事業所の協力も得なければならないと考えます。