びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

党市議二氏当選・・定数減の中で勝ち取る

24日、市議選投開票が行われ、共産市議候補の柴田博鈴木明子の二氏は当選することができました。
定数が24から22人に減って3人オーバーの選挙でした。
柴田市議4期目、鈴木市議3期目のスタートを切ることができました。

前半戦は県議選での3期目の議席の確保はできませんでしたが、多くのみなさんに支えられ市議の二人の獲得は、次期へ向けての大きな布石になりました。
支援いただいた市民のみなさん、党員・後援会員の皆様と事務所を支えていただいたみなさんにも感謝いたします。

党地区委員会の関係では茅野市が一人増の3人確保(定数18)、岡谷市(定数18)では新旧交代での3人確保し、一方の諏訪市(定数15)では3人立てましたが、党候補の2、3人目が同数になり、党候補同士によるくじ引きで次点者を決めるというになってしまい本当に残念です。
地区外ですが、お隣の松本市は5人中2人当選という厳しい結果も出て、開票速報が信じられませんでした。

全国民的な震災復興と、各自治体の災害対策と福祉の街づくりがこれから大きな課題になり、今回選出された各議会・議員の力量が試されます。一段と頑張らなければと思います。今後ともよろしくお願いします。