びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

星空観望会とスマートフォンのプラネタリウム


退院しましたが、今ってオペの傷口はサージカルテープ(病院の現場ではよく「紙バン」=「紙のばんそうこう」と言ってセロテープ感覚で使ってましたが)を貼っておくだけなんですね。

入浴時には剥がして、シャワーで流して清潔を保つだけなんです。
さすがに最初はオドオドでしたが、傷がきれいに治っているようです。
イソジンで毎回消毒するなんていうのは過去の話なんですね。

さて、今年私としては初めての星空の市民観望会のガイドをちょっと無理してやってきました。

生憎曇天なんですが、親子連れがたくさん(40人近く?)来ていただいてしまいました。
こういう時は少しでも星が見えると30センチの反射望遠鏡を向けてみてもらうくらいしかできませんが、すぐに隠れてしまいました。

私は今回はこういう体なので、ドームの外周り担当で交通整理と星座ガイドをしてたのですが、見えない星をガイドするのにスマートフォンプラネタリウムのアプリが重宝します。
GPS機能がついているので、星座の見える方向に向けると、その星座が映し出されて好きな大きさに引き伸ばしたりして、今回初めて使った観望会ガイド用の強力レーザーポインターを使うと、参加者はそこに星が見えなくても星座を思い描くことができるのです。

夏休み帳持参の子どもさんからも次々と星座や星の質問いただき、にぎやかにガイドを終えました。きっとタブレットPCがあればもっと解説しやすいのだと思いました。便利、便利。

議員やってないとほとんど私のi○honeは使う機能は限定されていたのですが、久々に役に立ちました。

終了後には仙台で学生時代過ごされた星の会スタッフから、震災募金に充てて欲しいと募金をいただきました。東北地方を思うとボランティアに行きたいと言われますが、女性なので、すぐにできることは義援金を送ること。と支援していただきました。
本当にありがたいことです。また私も体調整ったら行こうかな。