びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

ケンミンショーに出た高校卒業30周年で旧友と再会

先日「ケンミンショー」というTVで、校歌と応援歌を卒後何年経っても全員が歌える、と取り上げられた我が母校の高校ですが、その卒後30周年の記念事業を5年前から私の学年が担当企画し、とうとう21日に行いました。

自分は実行委員にはなりませんでしたが、旧クラスの役員からサポートを頼まれいつのまにやら委員の一員に。

本番はしっかりと校歌と応援歌みんな歌っていましたね。

でも、30年経つと自分たちの子どもたちが在校生にいるんですね。
うちも含めて同級生3名の娘が同じ英語科の一年生に。(3年生にもいたりして)40人中3人ですから奇遇といえば奇遇。

子どもたちもいろいろと打ち合わせしてたり、親は親で記念事業張りきっていたりですごいイベントでした。帰宅して娘からはあのOB・OGの異常な盛り上がりは生徒からはキモイらしいと言われ。。。
で、まあ320人中150人は集まって30年振りの再会でしたが、自分としてはやってみてちょっとブルーな気分。結構伝統のある部活(地学部)に入っていたのだけれど誰も来ていなかった!。
でも、名物英語科担任のY先生は年齢も近いこともあってとても気持ち的にも自分には近く感じられ、準備会の新年会にお招きした時には来てくれ、県議選復活目指して頑張れと励ましていただきました。高校時代は部活「命」だった自分としてはクラスというよりも部室へ登校し、昼飯も部室で食べてから太陽観測というのが高校生活で今それが懐かしく思い出されます。