びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

母の葬儀が終わり

母が他界した。兄とも相談し、母も「質素に質素に」と口癖にしていたこともあり、親戚や同姓の方々をお招きしてのいわゆる近親者のみでの葬儀とした。(僧侶にお経をあげてもらいましたので近親者のみの葬儀ということ。僧侶も呼ばないのを家族葬と言うらしい)

それでも女5人、男3人という8人の兄弟姉妹の大家族にあっての次女で、親戚関係だけでも結構な人数であげられた。平均寿命の性差が約7歳女性が長生きといわれるが、それをそのまま具現化したように、男はすでに全員他界しており、女では初めてということもあって、集まった叔母たちはとても哀しんでいる。

10年前に父が他界した際は仕事が公職であったので、もうえらい人の出入りがあって、子どもたちも幼く、母は世間のことは分からず、すべて父任せという中にあって、大黒柱を失ったという状態だった。
松本から父の病気のために家族みんなで引越し7年、職場も子どもの保育園も変わっての中、縁あって議員選挙に推されて死に物狂いで飛び回ってたので、家の関係は私もほとんど知らず終いであった。

葬儀の準備を一から親戚に聞きながら、目まぐるしくとにかく喪主をこなした。とにかく家族で送ったという感は全くなかった。
妻だって同様、看護師として人の「死」には仕事上何人にも立ち会ってきていただろうが、いざ家族の死と葬式を出すということは初めてだったと思うが、どうにかこうにか「こなす」ことはできた。

日本の葬儀事情がどんどんと変化していく中で、すでに家や公民館で行うというのはほぼなくなり、セレモニーセンターに任せるのが普通になっている。
かつて父は葬式の天ぷら揚げの名手で、常会の方の葬儀の際には率先してやっていたことを思い出すが、そんな風景はとうの昔になくなった。

母は一年はもつとは言われたが、病気が見つかってから半年もなかった命であった。一方で途中からは認知症が進んで、死への恐れのような言葉も出なかったが、最期の瞬間は今度は家族だけに(とくに遠方に単身赴任中の長男にも)見守られて逝ったことは満足だったろうと思いたい。